ナイトキャップの効果やかぶり方について丸わかり!初めて使うなら必見です!

ナイトキャップの効果やかぶり方について丸わかり!初めて使うなら必見です!生活

ナイトキャップを初めて使おうと考えている人、また現在使っているけどその効果やかぶり方についてもう少し詳しく知りたい人に向けて、ナイトキャップにまつわる記事をまとめています

【この記事で分かること】

①ナイトキャップでハゲるような逆効果にならないために注意すること

②ショート、ボブ、ロングヘアなど髪型別の寝癖のつかない被り方のご紹介

③ナイトキャップが寝ている間に外れてしまう時の対処法

④ナイトキャップに前髪や耳を入れているのか出しているのかという疑問に対しての調査

⑤100均ダイソーのようなプチプラのナイトキャップはシルク素材のものと比べてどうなのか?

ナイトキャップについて、気になる項目から選んで、これからのナイトキャップ活用に役立ててくださいね。

[

ナイトキャップを初めて使う前に知っておきたい効果やハゲるデメリット!

ナイトキャップを初めて使う前に知っておきたい効果やデメリット!

ナイトキャップを初めて使うという人には、ぜひ知ってもらいたいことがあります!

ナイトキャップのメリットや効果をある程度ご存じで、これから使おうと考えているんだと思いますが、使い方によっては逆効果になってしまったり、デメリットになることがあるんですよね。

ナイトキャップを使用することで逆効果になり、ハゲてしまう可能性があるという噂は聞いたことがありますが?

ナイトキャップを効果的に使用するためには大切なことがあります!

それは、ナイトキャップを衛生的に保つことなんです!

なぜなら、ナイトキャップに寝汗や皮脂がついたまま使い続けてしまうと、その不衛生さから頭皮環境が悪化し、薄毛や抜け毛に繋がって、ハゲる可能性が出てしまうんですよね。

ナイトキャップを衛生的に保ち、ハゲてしまうような逆効果にならないためには2つのポイントがあります。

①ナイトキャップをこまめにお手入れして清潔に保つ!

②ナイトキャップをかぶる前に、しっかりと髪を乾かして生乾きを防ぐ!

この2つのポイントをしっかりと守り、正しくナイトキャップを使っていってくださいね。

そして、シルク素材、コットン素材のナイトキャップにはそれぞれ効果やお手入れの仕方に違いがあります。その違いをご紹介しておきますね。

シルク素材

吸湿性・通気性・保温性に優れている。頭皮が蒸れにくく、暖かい。

特に天然のシルクはタンパク質や油分を含み、髪の毛にツヤを与えてくれる効果が期待できる。

ただし、シルクは傷みやすいので、お手入れは手洗いなど気を遣う必要がある。

コットン素材

吸湿・吸水性に優れ、柔らかい、優しい肌さわり。

オーガニックのコットンは敏感肌の人にも向いている。

生地が丈夫なので、お手入れもシルクほど気を遣う必要がなく清潔を保ちやすい。

シルク素材の方が、髪の毛をツヤツヤに、ヘアケアとしての効果は高いですが、生地のメンテナンスがちょっと面倒になります。

コットン素材はシルクには劣りますが、生地が丈夫なのでメンテナンスがしやすく、衛生面ではこちらの方が楽ですよね。

これらの効果やお手入れの違いを参考に、自分のあった素材のナイトキャップで、逆効果にならないために正しく使ってみてくださいね。

▼参考記事▼

では、次はナイトキャップをかぶる時に寝癖がつかないようにかぶるにはどうすればいいのか?

ショート、ボブ、ロングヘア別にかぶり方のポイントをご紹介しますね。

ナイトキャップの寝癖がつかない被り方は?ボブやロングの髪型別の解説

ナイトキャップの髪型別寝癖つかない被り方

せっかくのナイトキャップでヘアケアをしているのに、翌朝は変な寝癖がついてセットが大変なことに・・・そんなことが続いてしまうと、ナイトキャップをかぶるのが面倒くさくなりませんか?

ナイトキャップのかぶり方によっては、変な寝癖がつかないようにもできるんですよ。

そんなナイトキャップの寝癖つかないかぶり方をボブ、ショート、ロングなど髪型別に解説していきますね。

まずは、ショートヘアの寝癖つかない被り方のポイント!

ショートヘアの寝癖つかない被り方ポイントは、前髪襟足部分です。

ショートヘアはナイトキャップがすっぱりと被れてしまうのですが、ゴムのナイトキャップの場合は前髪や襟足部分が中途半端に出ているとその部分に痕がつきやすいです。

前髪は分け目を意識して流して入れたり襟足も逆毛にならないように丁寧に入れる必要がありますね。

次は、ボブヘアの寝癖つかない被り方のポイント!

ボブヘアの寝癖つかない被り方のポイントは、内巻きか外巻きかを意識して入れる。

ボブヘアでは、内巻き・外巻きかによってナイトキャップへの入れ方が変わってきます。

内巻きの場合は、毛先を内側にしてナイトキャップに髪の毛をしまい込みます。

逆に、外巻きの場合は、乾かす時に外はねの状態を作り、ナイトキャップに髪の毛をしまい込む、というように少しずつ丁寧に入れるのがコツですよ。

そして、ロングヘアのの寝癖つかない被り方のポイント!

ロングヘアの寝癖つかない被り方のポイントは、髪の毛をしっかりと乾かす。髪の毛をひとまとめにして全部をしまいこむ。

ロングヘアでは、髪の毛が生乾きになっていないか十分に注意する必要があります!

理由は上記でも述べたように、生乾きではナイトキャップに雑菌が湧き、不衛生な状態になってしまい、ハゲるデメリットもあるからです。

ロングヘアで長さも長い場合は、ゆとりのあるサイズのナイトキャップを選ぶことも重要ですよね。

上手く髪の毛をまとめて入れられない場合、そのままかぶれるナイトキャップもあるので、使ってみてくださいね。

そして、どんな髪型にも共通するナイトキャップで寝癖をつけないために大切なポイントは2つです。

①ナイトキャップはゆとりのあるサイズを選ぶ

②ナイトキャップをかぶる前にしっかりと髪の毛を乾かす

ナイトキャップで変な寝癖をつけないように、この2つのポイントを押さえて使用してくださいね。

▼参考記事▼

ナイトキャップをかぶっても、寝ている間に外れてしまうこともありますよね?そんな時はどうしているのでしょうか?

次に、ナイトキャップが外れないための対処法を4つご紹介します。

ナイトキャップが寝ている間に外れてしまう!そんな時の対処法

ナイトキャップが寝ている間に外れてしまう!そんな時の対処法

ナイトキャップをかぶって寝ても、寝ている間に外れてしまう!そんな場合はどうしたらいいのでしょうか?

寝ている間にナイトキャップが外れてしまう人に向け、ナイトキャップが外れないための対処法を4つご紹介します。

【ナイトキャップが外れる時の対処法】

  1. 耳までかぶる!
  2. 上から固定する
  3. ナイトキャップを日中にかぶる
  4. シルクの枕カバーを使う

では、それぞれの対処法について解説していきますね。

ナイトキャップが外れる時の対処法①耳までかぶる!

まず、みんながやっているナイトキャップの外れない対策として、ナイトキャップをしっかりと耳まで入れてかぶるという方法です。

さらに、前髪も入れるとナイトキャップが外れにくくなります。

ただナイトキャップがゴムで調節しているタイプでは、ゴムの痕がおでこなどにしっかりと残ってしまう場合もあるので、気をつけてくださいね。

紐で調節できるナイトキャップでも外れにくいタイプもあるようなので、参考にしてみてくださいね。

ナイトキャップが外れる時の対処法②上から固定する

次に、ナイトキャップの外れないための対策としては、ナイトキャップの上にヘアバンドなどを巻くことです。

または、ピンなどで留めるという方法もあります。そうするとナイトキャップが脱げにくくなりますよ。

ナイトキャップが外れる時の対処法③ナイトキャップを日中にかぶる

ナイトキャップなのに日中にかぶるの?と思ってしまうかもしれませんが、ヘアケアをわざわざ夜にする必要はありません。

日中の空いた時間、家にいる時に、ナイトキャップをかぶって髪の毛をツヤツヤにしてもいいんですよね。

夜にナイトキャップをかぶっても外れてしまってダメだ、という人は試してみてくださいね。

ナイトキャップが外れる時の対処法④シルクの枕カバーを使う

シルクのナイトキャップと同様にシルクの効果が得られる、シルク素材の枕カバーを使うと、同じようにヘアケア効果が期待できます。

シルクの保湿性・吸湿性・通気性といった特徴を持った枕カバーで、外れる心配なくぐっすりと眠れそうですよね。

ナイトキャップが外れてしまう時、みんながやっている対処法や日中ヘアケアができる方法などご紹介しました。

ご自身にあったやり方でナイトキャップが外れないように対策してみてくださいね。

▼参考記事▼

ナイトキャップをかぶる時、前髪や耳は外れにくくするためには入れる方が良かったのですが、実際みんなどうしているのでしょうか?

前髪も入れやすい長さであればいいですが長い場合、短い場合の入れ方についてもご紹介していきますね。

ナイトキャップには前髪や耳は入れるのか?素朴な疑問を解決!

ナイトキャップには前髪や耳は入れるのか?素朴な疑問を解決!

ナイトキャップには前髪は入れるのか?耳までかぶるのか?みんなはどうしているか気になったことはないですか?

そんなナイトキャップに対する素朴な疑問を解決するために、みんながどうやっているのか調査してみました。

ナイトキャップに前髪を入れる場合、前髪が長い時と短い時では入れるかどうか変わってくるようです。

前髪が短い時:ナイトキャップにはいれずに出すことが多い

前髪が流せるくらいの長さ:左右に分けてナイトキャップに入れる

前髪があごのラインくらい長い時:オールバックにして後ろに流して入れる

このように、前髪の長さによって、入れ方も変えているようですよ。

では、耳を出すのか入れるのか、それぞれに対してみんなが感じているメリット・デメリットをご紹介しますね。

ナイトキャップに耳を入れる

ナイトキャップに耳を入れるメリット:冬は耳まで暖かい。ナイトキャップが外れにくい。

ナイトキャップに耳を入れるデメリット:おでこまで痕が残ってしまう。

ナイトキャップから耳をだす

ナイトキャップから耳を出すメリット:耳が圧迫されるのを防げる。

ナイトキャップから耳を出すデメリット:こめかみや耳の後ろが痛い、ゴムでかぶれることがある。

このように、耳を出したり入れたりすることによるメリット・デメリットがありますよね。

耳が弱い人はゴムのナイトキャップではなく、紐で調節できるタイプのナイトキャップを使用するのも一つですよ。

▼参考記事▼

ナイトキャップは100均のダイソーや3COINSなどのプチプラなものも売っていますよね?

これらの安いナイトキャップもシルクのナイトキャップのような効果が得られるのでしょうか?

次は、実際にダイソーのナイトキャップを使用した感想やプチプラのナイトキャップの効果について解説していきますね。

100均などプチプラのナイトキャップは効果あるのか?シルクとの違いは?

100均などプチプラのナイトキャップは効果あるのか?シルクとの違いは?

ナイトキャップはシルク素材やコットン素材が有名ですが、100均のダイソーや3COINSでも安く手に入るんですよね。

そんなプチプラのナイトキャップ、シルク素材のナイトキャップと同じような効果はあるんでしょうか?

実際にダイソーの100均のナイトキャップを使ってみましたが、ダイソーのナイトキャップの材質は『ポリエステル100%』で化学繊維です。

なので、シルク素材のナイトキャップのような髪の毛にツヤを与えるような効果は期待できません

ただ、ダイソーのようなプチプラのナイトキャップであっても、洗い流さないトリートメントを使用し、ナイトキャップをかぶって寝ることのメリットはあります。

プチプラのナイトキャップのメリット

・洗い流さないトリートメント後の髪の毛の保護になる。

・寝具との摩擦を軽減できる。

・冬場の頭皮の乾燥を防ぐことができる。

・洗い変え用に用意しやすく、お手入れも気を遣わず楽。

このように、トリートメントを使用することでヘアケアの補助になり、寝返りなどで髪の毛と枕との摩擦も軽減することができます。

また、安いので複数枚用意することもでき、お手入れもそこまで気にする必要がありません。

ただ、注意が必要なのは、ポリエステル100%の化学繊維なので、頭に汗をかいてしまうと、ナイトキャップ内が蒸れるという点です。

シルク素材のように通気性が良いわけではないので、ナイトキャップ内が蒸れると頭皮環境が悪化してしまい、薄毛などハゲる要因の一つになってしまいますよね。

また、100均のダイソーのナイトキャップは、私にはゴムがきつく、おでこにしっかりとゴムの痕が残りました。

その点、シルク素材のナイトキャップには、生地自体に汗を吸ったり、逃がしたりと調整してくれるというメリットがあります。

また、ポリエステルのような化学繊維とは違い、静電気を帯びにくいため、肌の弱い人、敏感肌の人には優しい素材です。

シルク素材のナイトキャップは値段が高価になってしまいますが、やはりそれだけの効果やメリットがありますよね。

ただ、生地が傷みやすいのでお手入れを丁寧にする必要があるということを覚えておいてくださいね。

このように、ダイソーや3COINSなどのナイトキャップはプチプラでありがたいのですが、デメリットもあるので、選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

▼参考記事▼

ナイトキャップの効果やかぶり方について丸わかり!初めて使うなら必見です!まとめ

この記事では、ナイトキャップを初めて使おうと考えている人や現在使っていてナイトキャップの効果やかぶり方についてもう少し詳しく知りたい人に向けて様々なことをまとめてみました。

ナイトキャップの効果や正しい使い方を知って、自分にあったナイトキャップのかぶり方でヘアケア効果を最大に活用してみてくださいね!

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました