ドライブレコーダーをつけない人は多い?付けない理由は何?

ドライブレコーダーをつけない人は多い?付けない理由は何?生活

最近はあおり運転の被害を防ぐためにもあった方がいいと言われる「ドライブレコーダー」ですが、ドライブレコーダーをつけない人も一定数いるようですね。

ドライブレコーダーがある方が安心な気もしますが、なぜドライブレコーダーをつけない人もいるのでしょうか?

この記事では、ドライブレコーダーをつけない理由つけないことでのメリットやデメリットは何があるのかを調べてみました。

\前後2台のカメラで万が一に備える/

フルHDでナンバーも詳細に録画できるドライブレコーダーはこちらから

ドライブレコーダーをつけない人は多い?付けない理由は何?

 ドライブレコーダーをつけない人は多い?付けない理由は何?

ドライブレコーダーをつけていれば、あおり運転の抑止や事故後の証拠にもなるので、車を運転する人にとっては、安心材料になりますよね。

しかし、2021年の調査では、ドライブレコーダーの搭載率は43.0%という結果もありました。

これは年々増加した結果なのですが、まだドライブレコーダーをつけない人が50%以上いたので個人的には意外に感じました。

あおり運転に対し「妨害運転罪」という罰則が作られましたが、ドライブレコーダーなどで証拠が残せないと訴えることも難しいのでは?と思います。

私は小心者なのであおり運転のニュースを見るたび、ドラレコは必須だと感じるのですが、ドライブレコーダーをつけない人がけっこういたので、その理由を調査してみました。

ドライブレコーダーを付けない理由には ①必要と感じていない、②金銭的な面や取り付けがめんどくさい、③録画をされると困る、などが挙げられましたよ。

では、それぞれドライブレコーダーをつけない人の理由について詳しく説明していきますね。

ドライブレコーダーを付けない理由:①必要と感じていない

まず、ドライブレコーダーを必須と思っている人間は私のように「事故に遭ったら」とか「あおられたら・・・」という心配性なタイプが多いです。

しかし、世の中には今まで交通事故に遭ってない、煽られるような経験もしていない人達からするとそういう心配はドライブレコーダーをつける理由にならないようですね。

ドライブレコーダーをつけない人たちは、運転に自信があったり、煽られても慌てず、相手にしない、(うまくかわす?)技術を持っており、特に必要とは思わないようです。

またドライブレコーダーをつけない人の中には、事故に遭った時のために保険に入っているので、高額なドライブレコーダーはあまり意味がないという意見もありました。

ドライブレコーダーを付けない理由:②金銭的な面や取り付けがめんどくさい

ドライブレコーダーをつけない人の中には、費用が掛かる、取り付けるのがめんどくさいという意見も多いようですね。

元々ドライブレコーダーが取り付けてあればなんとも思いませんが、後付けだと、やはりプラスで費用がかかり、取り付けの工賃もかかります。

またドライブレコーダーもピンからキリまであり選ぶのも大変で、必要と思わない場合はめんどくさいという気持ちが優先していしますね。

特に田舎や高齢者でドライブレコーダーをつけない人は、そういった面でも必要に感じない場合が多いようですね。

ドライブレコーダーを付けない理由:③録画をされると困る

ごくまれですが、ドライブレコーダーをつけない人の中には、自分の運転を録画されるのが困るという人もいるようですね。

(煽る側の場合は自分で証拠を残すことになるので、そんな場合も取り付けない人が多いでしょうね)

そして、「なぜドライブレコーダーが標準装備されていないか?」という点からもドライブレコーダーを取り付けない理由が見えてきましたよ。

カーディーラの方の話の中には「一定数、録画を好まない人がいる」とのことで、ドライブレコーダーは元から搭載できない訳があるようですね。

確かに、ドライブレコーダーの360度カメラの場合は車内も録画されるので嫌な人は嫌ですよね。

プライバシーの関係上、あえてドライブレコーダーをつけない人もいるようですね。

ドライブレコーダーを付けない理由

必要と感じていない:今まで煽られたり事故に巻き込まれたこともないので、必要に感じていないことが多い。

金銭的な面や取り付けがめんどくさい:ドライブレコーダー自体が高額であったり、工賃もかかったりする。取り付けに手間がかかる。

録画をされると困る:自分の運転が逆に証拠になってしまうと困る人もいる。単純に録音されたり録画されることが嫌だという人もいる

調べてみると大体このような理由でドライブレコーダーをつけない人が多いようですね。

では、ドライブレコーダーをつけないメリットは何か、ご紹介していきますね。

ドライブレコーダーをつけない人は多い?つけないメリットは何?

ドライブレコーダーを必要と感じる理由がない場合、やはりドライブレコーダーを付けない人も多いようですね。

では、ドライブレコーダーを付けている側からすると、気になる「ドライブレコーダーをつけないメリットは何?」という点を調べてみました。

ドライブレコーダーを付けないメリットには①出費を抑えられる、②バッテリーに余計な負担をかけない、③車内空間を快適に過ごせる、という点がありますね。

では、次にそれぞれについて解説していきますね。

ドライブレコーダーを付けないメリット:①出費を抑えられる

まず、ドライブレコーダーって高いですよね!正規品であったり、それなりに質の良いドライブレコーダーを選ぶと数万円以上するものが多いですね。

ドライブレコーダーを付けない人のメリットとしては、事故など何も起きなければそのような高額な出費が抑えられるという点でしょうか。

ドライブレコーダーを付けないメリット:②バッテリーに余計な負担をかけない

ドライブレコーダーによっては、電源を車のバッテリーから取る場合があり、燃費が下がるというデメリットがあります。

特に、駐車監視機能付き(24時間監視機能付き)などのドライブレコーダーでは、夜間電源の使用によって車のバッテリーに負担をかけてしまうようです。

余計なバッテリーの負担をかけないというメリットがありますね。

ドライブレコーダーを付けないメリット:③車内空間を快適に過ごせる

ドライブレコーダーを付けている場合、やはり録音や録画されているので、気になりますよね。

家族の車であればいいですが、他人の車に乗って車内カメラがあった時はどう感じますか?

リラックスして車内で過ごせるでしょうか?隣で口開けて寝ていられませんね・・・

プライバシーの面を考えると、ドライブレコーダーはない方がやはり快適に過ごせますよね

ドライブレコーダーを付けないメリット

出費を抑えられる

バッテリーに余計な負担をかけない

車内空間を快適に過ごせる

では、次にドライブレコーダーを付けないデメリットについてもまとめてみますね。

ドライブレコーダーをつけない人は多い?つけないデメリットは何?

ドライブレコーダーを付けないメリットもあるのですが、やはりつけないデメリットもしっかりと認識しておくことが大事ですよね。

ドライブレコーダーをつけないデメリットとして①事故の時の証拠がない、②ドライブ中の良い景色が見られない、③変な人からの被害を防げない!?という3つの点について解説していきますね。

ドライブレコーダーをつけないデメリット:①事故の時の証拠がない

相手が信号無視をしていた、わざと接触してきたなどの時、相手にうそをつかれてしまうと証拠がないので自分に過失がないのに不利になる可能性もあります。

証拠を残すという点でドライブレコーダーはやはり強いですよね。

ドライブレコーダーをつけない人には、その証拠を提出できないことがデメリットの1つになる可能性はありますね。

ドライブレコーダーをつけないデメリット:②ドライブ中の良い景色が見られない

ドライブレコーダーをつけない人に知ってもらいたいのは、ドライブレコーダーは事故やあおり運手の抑止のためだけにつけているのではありませんよ!

車の運転中に遭遇する、綺麗な景色、珍しい動物など、後から録画を振り返って楽しむことができるんですよね。

同乗者がいればカメラを回してくれますが、一人で運転していて桜並木の下など通ったら、カメラ撮りたくなりますよね。

また「何か動物が横切った!何だったんだろ?」と後から振り返るのも楽しいです。

ドライブレコーダーはそんな楽しい使い方もできますよ。

360度のドライブレコーダーの車内カメラの場合は、子どもたちの車内の様子も見られて良いという人もいますね。

旅行の思い出にドライブレコーダーの録画を残す人もいるようですね。

ドライブレコーダーをつけないデメリット:③変な人からの被害を防げない!?

これは「ひろゆきさん」の動画から見て感じたことですが、世の中には変な人がいます。

自分が全然悪くないのに、状況証拠がなくて負けてしまうという悲しいことも起こりうるんですよね。

そんな時にドライブレコーダーがあれば泣き寝入りしなくて済むんじゃないでしょうか?

ドライブレコーダーがあれば駐車中の事故にも対応できる場合がありますよね。

かなり確率は低いですが、絶対ないとは言い切れないので、愛車を大事にしている人にはやはり欲しい機能ですね。

ドライブレコーダーをつけないデメリット

事故の時の証拠がない

ドライブ中の良い景色が見られない

変な人からの被害を防げない!?

ドライブレコーダーをつけないメリット・デメリットそれぞれあり、お住まいの地域によってもドライブレコーダーの必要性が違うと思います。

そんな周りの環境や、自分の運転技術なども含めて、ドライブレコーダーを付ける・付けないと選ぶ際の参考にしてくださいね。

まずは、自分から安全運転で、ドライブレコーダーを付けていても使うことがないことようにしていきましょうね!

ドライブレコーダーをつけない人は多い?付けない理由は何?のまとめ

この記事では、ドライブレコーダーをつけない人もいるので、付けない理由やつけないことでのメリットやデメリットは何があるのかを調べてみました。

ドライブレコーダーをつけない人の中で、事故やあおり運転の被害に遭ったことがない場合は、ドライブレコーダーの必要性を感じていないことが多いようですね。

また、ドライブレコーダーを付けることには金銭的な面や取り付けの手間などもありました。

そして、ドライブレコーダーで録画をされることが嫌いな人ももちろんいますよね。

ドライブレコーダーをつけないメリットとしては、①出費を抑えられる、②バッテリーに余計な負担をかけない、③車内空間を快適に過ごせる、という点もあります。

しかし、ドライブレコーダーをつけないデメリットには、①事故の時の証拠がない、②ドライブ中の良い景色が見られない、③変な人からの被害を防げない!?などがありました。

ドライブレコーダーはつけても・つけなくても自由ですが、もしもの時に不利になってしまう可能性があるということも知っておいてくださいね。

【ドライブレコーダーの関連記事】

ドライブレコーダーの360度カメラのデメリットは何か?購入前に確認してくださいね。
>>ドライブレコーダーの360度のデメリットとは?購入前に要確認!

\前後2台のカメラで万が一に備える/

フルHDでナンバーも詳細に録画できるドライブレコーダーはこちらから

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました