カンノーロとカンノーリの違いは?名前の意味や発祥をくわしく解説!

カンノーロとカンノーリの違いは?名前の意味や発祥をくわしく解説!食べ物

マリトッツォの次に来ると言われるボンボローニと並び、紹介されることの多い「カンノーリ」ですが、カンノーロとも呼ばれています。

このカンノーリとカンノーロの違いは何なんでしょうか?

またカンノーリ(カンノーロ)の名前の意味や、発祥はどこなのか?を詳しく解説していきたいと思います。

カンノーロとカンノーリの違いは何?

ボンボローニと同じようにマリトッツォの次に来ると言われるスイーツに「カンノーリ(カンノーロ)」があります。

このカンノーリとカンノーロは同じイタリアのスイーツを指すのですが、なぜ名称が違うのでしょうか?この呼び方の違いにつて詳しく解説していきますね。

カンノーリとカンノーロの違いは、イタリア語での単数形複数形の違いで呼び名に違いがありますよ。

『カンノーロ(cannolo)』はイタリア語での単数形『カンノーリ(cannoli)』はイタリア語での複数形になっています。

イタリア語では、語尾の形が「‐o(オ)」の名詞の単数形を複数形にすると「‐i(イ)」に変化するという規則がありますよ。

例えば「バンビーノ(bambino)」という言葉は“赤ちゃん”を表す単数形ですが、「バンビーニ(bambini)」と言うと”赤ちゃんたち“という複数形にとなります。

※ちなみに同じイタリアのお菓子、ボンボローニについても

『ボンボローネ(bombolone)』が単数形で、ボンボローニ(bomboloni)が複数形です。

▼参考記事:ボンボローニとボンボローネはどっち?ドーナツとの違いはどんなところ?

イタリア語は英語と違い、単数形と複数形で語尾が変わるのが特徴です。

なので、イタリアから来るお菓子は名前の呼び名が若干違うものが多いようですね。

また、日本では複数形の「カンノーリ」と呼ばれる方が多いようですよ。

カンノーリとカンノーロの違い

イタリア語での単数形と複数形で呼び方の違いがある

『カンノーロ(cannolo)』単数形

『カンノーリ(cannoli)』複数形

では、このカンノーリ(カンノーロ)という名前はどんな意味があるのでしょうか?解説していきますね。

カンノーロとカンノーリの名前の意味は?

カンノーリとカンノーロの違いは、イタリア語での単数形か複数形の違いで呼び名に違いがありました。

では、このカンノーリ(カンノーロ)という名前にはどんな意味があるのでしょうか?

カンノーリ(カンノーロ)は、「小さな筒」という意味があり、ラテン語のカンナ(canna)が語源となっているようですね。

このカンナには、植物の葦(あし)管、パイプ状の物などという意味があるようですよ。

カンノーリ(カンノーロ)は、小麦粉ベースの生地を薄くのばした状態で、金属製の円筒に巻き付けて低温の油やラードで揚げています。

その筒の中にリコッタチーズで作ったクリームなどを詰めており、見た目は確かに小さな筒になっていますね。

販売店によって、カンノーリ(カンノーロ)の中のクリームがリコッタチーズとチョコレートであったり、ドライフルーツを詰めたものであったりといろいろあるようですよ。

カンノーリ(カンノーロ)の名前の意味は?

「小さな筒」という意味がある。

カンノーリ(カンノーロ)は丸めた生地の中にたっぷりとクリームが包まれているお菓子!

では、最後にこのカンノーリ(カンノーロ)の発祥はイタリアのどこなのか?ご紹介していきますね。

カンノーロとカンノーリの発祥はイタリアのどこ?

カンノーリ(カンノーロ)は見た目もそのまま「小さな筒」を意味した名前でしたね。

では、このカンノーリ(カンノーロ)はイタリアのどこが発祥なんでしょうか?

カンノーリ(カンノーロ)はイタリアのシチリア島が発祥で、シチリアのお菓子の中で一番有名なんだそうですよ。

ちなみに、シチリア島は、イタリア半島の南にある地中海最大の島でもあります。

シチリア島の位置の説明

マリトッツォの次に来ると言われる「ボンボローニ」との違いとして、ボンボローニの発祥はイタリアトスカーナ地方で、イタリア半島の中西部に位置しています。

カンノーリ(カンノーロ)もボンボローニも同じイタリア発祥ですが、このように地域に違いがあるお菓子なんですよね。

カンノーリ(カンノーロ)は元々、謝肉祭(しゃにくさい)というカーニバルのお祝いで食べる季節菓子であったようで、イタリア系アメリカ人のスイーツとしても人気なようです。

そして、このカンノーリ(カンノーロ)が有名になったのは、映画『ゴッドファーザー』らしいですね。

このゴッドファーザーは、カンノーリ(カンノーロ)発祥の地“シチリア島”を舞台にした映画です。

シチリアからアメリカへと移民したマフィアのドン「コルレオーネ・ファミリー」の歴史を描いた3部作になっています。

そして、ゴッドファーザーの1作目にて「銃は置いておけ、カンノーリを持ってきてくれ」(Leave the gun. Take the cannoli.)というセリフが有名らしいですね。

また、マフィアの毒殺にカンノーリ(カンノーロ)が使用されたこともあり、ゴッドファーザーのグッズにはカンノーリ(カンノーロ)のイラストが描かれたものも多くあったようですよ。

このように昔からいろいろな国に愛されたカンノーリ(カンノーロ)、日本でも気軽に食べられるようになるといいですね♪

カンノーリ(カンノーロ)の発祥は?

カンノーリ(カンノーロ)の発祥は、イタリアのシチリア島

シチリア島が舞台のゴッドファーザーでも出てくる有名なお菓子です!

ゴッドファーザーの映画の中で実際に「カンノーリが登場する場面が見たい」という時は、無料トライアル期間(31日間)のついたU-NEXTがお得です♪

月額2189円(税込)でドラマや映画・アニメなどが見放題×漫画・雑誌が読み放題!

解約がいつでもOKなので、無料トライアル中に解約をする場合は、月額料金が発生しないので無料で好きなものをお試し視聴できますよ♪

\他にどんな映画やドラマが見られるのかチェックしてみてくださいね/

カンノーロとカンノーリの違いは?名前の意味や発祥をくわしく解説!まとめ

この記事では、カンノーリとカンノーロの違いは何なのか?またカンノーリ(カンノーロ)の名前の意味や、発祥はどこなのか?を詳しく解説してみました。

カンノーリとカンノーロの違いは、イタリア語での単数形と複数形で呼び方の違いがで『カンノーロ(cannolo)』は単数形『カンノーリ(cannoli)』は複数形の呼び方でした。

日本では主にカンノーリと呼ばれる方が多い感じですね。

そして、カンノーリ(カンノーロ)の名前には「小さな筒」という意味があり、見た目のまんまでした。

カンノーリ(カンノーロ)の発祥は、ボンボローニの発祥と同じイタリアですが、カンノーリ(カンノーロ)は、さらにイタリアのシチリア島が発祥です。

ボンボローニはイタリアのトスカーナ地方ということで違いがありましたね。

シチリア島が舞台のゴッドファーザーでも登場する有名なお菓子なので、これから日本でも気軽に味わえると良いですね!

【カンノーリの関連記事】

カンノーリはお取り寄せ・通販ができるのか?コンビニやスーパーなどどこの販売店や場所に売っているのか調査してみました。
>>カンノーリはお取り寄せ・通販できる?どこで売ってるのか販売店を調査!

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました