ドライブレコーダーの360度のデメリットとは?購入前に要確認!

ドライブレコーダーの360度のデメリットとは?購入前に要確認!生活

ドライブレコーダーのカメラが360度映るなら完璧じゃない?と思うのですが、実は、360度カメラのドライブレコーダーにはデメリットも存在します。

これから安全のために360度カメラのドライブレコーダーを購入しようと考えている人は、このデメリットを事前に知って、ドライブレコーダー選びの参考にしてくださいね。

ドライブレコーダーの360度カメラのデメリット4つを解説!

ドライブレコーダーの360度カメラのデメリット4つを解説!

ドライブレコーダーの360度カメラでは前後だけでなく、左右や車内までも撮影できるという優れたドライブレコーダーなんですが、どんなデメリットがあるのでしょうか?

デメリットを大きく4つに分けてそれぞれ詳しく解説していきますね!

【360度カメラのドライブレコーダーのデメリット】

1.画像が悪い

2.前後の撮影範囲が狭い

3.本体価格が高い

4.車内が映ってしまう

1.360度カメラのドライブレコーダーは画像が悪い

あおり運転で大事な証拠として提出するドライブレコーダーの画像ですが、実は360度カメラのドライブレコーダーは画像が粗くて見づらというデメリットがあり、肝心なナンバープレートが不鮮明な場合が多いです。

たとえば、日中周りの車がよく映っている状況でも、ナンバーを見ると数字が判断しずらい画質のものが多いようですね。

特に夜間はライトの反射で前方車両のナンバーは撮影できていないこともよくあります。

前後の車両ナンバーを記録するためにドライブレコーダーを購入しようと考えている方は、360度カメラのドライブレコーダーではあまり期待できないかもしれませんのでご注意を。

ちなみに、360度カメラのドライブレコーダーでナンバープレートが認識できるレベルには、1600万画素(単純に前後左右で各400万画素として)位が必要なのでは?という意見もありますので参考にしてください。      

2.360度カメラのドライブレコーダーは前後の撮影範囲は狭い

360度カメラのドライブレコーダーは車内に設置し、下向きにレンズが取り付けられているため、車両上部や後方の撮影が苦手というデメリットがあります。

車両上部の撮影が苦手なので、事故の際、肝心な前方の信号が青なのか赤なのか、撮影できていないことも起こり得ます。

また、後方の車両ナンバーの撮影も、通常の後方カメラの方がよく映ります。

特に車内に人や多くの荷物が載っている場合も後方の車両がしっかりと映らないことがあるので、そのようなデメリットもあると把握しておく必要がありますね。

3.360度カメラのドライブレコーダーは本体価格が高い

360度カメラのドライブレコーダーのデメリットの一つに、本体価格が高いことも挙げられます。

取り付け費用としては1つで済むのですが、その分、本体価格は高くなる傾向がありますね。

前後のカメラでは2万円前後からありますが、360度カメラでは3万円以上から、という印象です。

360度カメラのドライブレコーダーでも安いものがありますが、画素数がとても少ないので、車両ナンバーをしっかりと撮影したい、という方は画素数も参考に選ぶことをおすすめしますよ。

4.360度カメラのドライブレコーダーは車内が映ってしまう

360度カメラのドライブレコーダーは車内に取り付けるタイプのカメラなので、車内の様子が撮影されてしまいます。

いくら安全のためとは言え、常にカメラで撮影されているのが気になる、という人にとってはデメリットに感じる一因かもしれませんね。

また友達など他人を乗せる場合も、相手はカメラを意識しあまり気が休まらないかもしれませんね。

プライバシーにも関わることなので、一応同乗者には撮影していることを伝えておいた方がいいかもしれませんね。

360度カメラのドライブレコーダーにはこのようなデメリットがありますが、もちろんメリットもあります。

次は、メリットもしっかりと解説していきますね!

ドライブレコーダーの360度カメラのメリット3つを解説!

360度カメラのドライブレコーダーには4つデメリットがありましたが、メリットももちろんあります!

今度は、その3つのメリットをそれぞれ解説していきますね。

【360度カメラのドライブレコーダーのメリット】

1.左右への撮影範囲が広い

2.取り付けが楽で安い

3.車内が撮影できる

1.360度カメラのドライブレコーダーは左右への撮影範囲が広い

360度カメラのドライブレコーダーのデメリットととして、前後の撮影範囲が狭いと挙げましたが、左右方向への撮影ができるのは360度カメラならではの大きなメリットです!

車両の側面の撮影ができることで、自転車やバイクが横からすり抜ける時にぶつけられたなどのトラブル時にその映像が役に立ちますよね!

また、あおり運転で実際に相手の運転手が自分達の運転席の窓越しまで脅しに来た場合など、左右への撮影ができることで何が行われたのかという証拠画像になります。

スマホで撮影するような余裕がなくても、しっかりと360度カメラのドライブレコーダーがその場を撮影してくれると心強いですよね!

2.360度カメラのドライブレコーダーは取り付けが楽で安くなる可能性がある

360度カメラのドライブレコーダーの本体価格が高いのはデメリットでしたが、取り付けについては1回で済むので前後カメラを2台付ける(業者につけてもらう)よりも安くなる可能性もあります。

参考

【オートバックスでの取り付け費用】

■目安工賃

  • 1カメラ 5,500円~(税込6,050円~)
  • 2カメラ 1,5000円~(税込16,500円~)

参考:オートバックス公式HPより

2台つけるよりは価格は抑えられますが、本体価格が高いので全体の価格として比べると360度カメラのドライブレコーダーの方が高く感じるかと思います。

ただ、360度カメラのドライブレコーダーをネットのセールやポイント利用して購入することで価格を抑えることもできるので、工賃費用が安いのは助かりますよね。

3.360度カメラのドライブレコーダーは車内が撮影できる

360度カメラのドライブレコーダーで車内が撮影をされることが嫌という人にはデメリットになりましたが、反対に家族旅行などの楽しい思い出の一つとして車内の記録も残せるということもメリットになります。

また、車内が映ることトラブル解決に役立つこともあります。

自分の運転が安全に行われていた場合、カメラで撮影されていると証明しやすくなりますよね。

また、駐車監視モードを使用すると車上荒らし、車両へのいたずらの証拠にもなるので、夜間や知らない土地に行った時なども安心して駐車しておけるので助かります。

このようにデメリットとメリットを合わせもつ360度カメラのドライブレコーダーですが、どのようなドライブレコーダーを選べばデメリットを回避することができるでしょうか?

次の項目も参考にしてみてくださいね。

ドライブレコーダーの360度カメラのデメリットをどう乗り越えるか?

360度カメラのドライブレコーダーのデメリットとして、画質の悪さがありますが、価格を気にしなければ、画質の良い商品を選ぶとデメリットは回避できます。

価格を押さえたい、とりあえず、車の色や車種だけ分かればいいという感じであれば画質を落とし、安い商品を選ぶということも可能ではありますよね。

何を目的として360度カメラのドライブレコーダーを選ぶかというところでしょうか。

そして、先にご紹介した通り、360度カメラのドライブレコーダーでは後方の撮影範囲が狭く、追突や後方からのあおり運転に対する対応が不十分であるデメリットがありました。

そこで、360度カメラと後方用にリアカメラが搭載されているドライブレコーダーを選ぶという方法もあります。

周囲だけでなく、後方からの追突やあおり運転のナンバーをしっかりと撮影したいと思ってドライブレコーダーを購入するならば360度カメラだけでは鮮明に映らないので、リアカメラは必要かと思います。

さらに、やはり「前方の信号機などもしっかりと撮影しておきたい!」という場合は前後カメラを搭載したドライブレコーダーを選ぶとより安心かと思います。

価格はかなり高くなりますが、360度映っても画質が悪く証拠として使えない場合はつけている意味がなくなってしまうので、前後もしっかりと撮影でき、画質もいいことは重要なポイントですよね。

最近では360度カメラに、前後カメラが搭載された商品がいろいろ出ているので、自分の用途に合わせて選んでみてくださいね。

車内が映ってしまうデメリットに対しては、360度カメラの液晶カメラが表示・非表示と選べるものもあるので、「自分の姿が映っているのが気になる」という場合は非表示にすることもできますよ。

ドライブレコーダーの360度のデメリットとは?購入前に要確認!まとめ         

便利そうな360度カメラのドライブレコーダーですが、デメリットが4つありました。

【360度カメラのドライブレコーダーのデメリット】

1.画像が悪い

2.前後の撮影範囲が狭い

3.本体価格が高い

4.車内が映ってしまう

しかし、360度カメラのドライブレコーダーにはメリットが3つありました。

【360度カメラのドライブレコーダーのメリット】

1.左右への撮影範囲が広い

2.取り付けが楽で安い

3.車内が撮影できる

これらのデメリットやメリットを参考に、何を目的として購入するのかを考えてみてくださいね。

自分や家族をトラブルから守るためなら360度カメラと前後カメラも搭載された、画質の良いドライブレコーダーを選ぶという方法もありますよ。

これからも安心・安全なドライブを楽しんでいきましょうね!

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました