レゴランドは潰れる?いつ閉鎖するのか現在の状況を調査!

レゴランドは潰れる?レゴランドは閉鎖するのか現在の状況を調査!趣味

「レゴランドは潰れるの?」「レゴランドはひどい!」「閉鎖はいつするの?」となぜかネットで噂が出ていますが、現在の状況はどうなっているのでしょうか?

ネット検索すると「あれ?レゴランド営業してないじゃん!もう閉鎖してるの?」と早とちりしそうになりますが、現在はコロナの影響で休園日があります。(2022.2.16の営業時間より)

開園当初から「レゴランドは潰れるのではないか?」と噂がありましたが、実際レゴランドは潰れる可能性や閉鎖する可能性があるのか?現在の状況を調査してみました。

レゴランドの現在が気になる方はぜひこの記事を読み進めて下さいね。

レゴランドが潰れる?閉鎖はいつするの?レゴランド・ジャパン・リゾートとは?

レゴランドとは?

まずレゴランド・ジャパン・リゾートとは何?という方に向けて、簡単にレゴランドをご紹介しておきますね。

レゴランド・ジャパン・リゾートについて

楽しさと学びを提供する、教育的要素を持ったテーマパーク

レゴランド・ジャパン・リゾートの公式ホームページではこのようにテーマを掲げています。

レゴランドはデンマークで生まれた知育玩具のレゴ・ブロックを使った体験型のテーマパークとして2017年に開業しました。

アトラクションだけでなく、体験できるワークショップなどもあり、自主的に楽しみながら創作活動を行えるのが特徴です。

ワークショップの中にはプログラミングを学べるものもあり、大人でも興味が持てますよね!

コンセプトだけみると一般的な遊園地よりも少し堅苦しさを感じますが、遊びながら学べる知育の環境としては大規模で子供の興味も1日中続きそうです。

レゴランド・ジャパン・リゾートの場所

レゴランドは愛知県名古屋市にあります。

詳しく知りたい方はマップを参考にして下さい。

レゴランド・ジャパン・リゾートの入園料

レゴランドが開園した当初は入園料が高くて注目を集めたことがありますね。

※ 参考:おとな(13歳以上)6,900円、こども(3~12歳)5,300円

多数のアトラクションやワークショップ(当日予約制)、レストラン・ショップがある『レゴランド』と、『シーライフ名古屋』という水族館のようなテーマパークが併設されており、それぞれの入園料金が必要です。

入園料はこの後、詳しくご紹介しますね。

レゴランド・ジャパン・リゾートの営業時間

現在コロナ禍において時間は変則的なので、実際に確認をお願いします。

こちらは夏休み前のコロナの影響を考慮されていたレゴランドの営業時間です。

通常平日 10:00~16:00

土曜・日曜 10:00~17:00
(コロナにより休園もあり)

2022年夏は行動制限もないため、レゴランドは夏休み期間営業時間が延長されているようですね。

※ 夏季延長営業時間 最大 10:00~18:00へと変更

7月・8月の土日やお盆休みなどが18:00までの日があるようなので公式の営業時間をご確認くださいね。

レゴランド公式の営業時間を見る

レゴランド・ジャパン・リゾートのアトラクション

レゴランドには子供が中心に楽しめる乗り物などのアトラクションの他に、ワークショップがあります。

レゴランドのワークショップ当日予約制でイベントが時期によって変わるため何回行っても楽しめそうです。

また、プログラミングを学びたい子向けに、有料クラスも設けられています。

では、このように様々な楽しみ方ができるレゴランドですが、なぜ潰れるという噂が出回るのでしょうか?

レゴランドがひどいと言われたり、潰れると言われる噂の原因を見てみましょう。

レゴランドが潰れる、閉鎖はいつする?という噂の原因は?

現在(2022年2月)はコロナの影響で休園もありますが、様々なアトラクションやワークショップなどを見ると、すぐに潰れることはなさそうな雰囲気なんですよね。

レゴランドの経営状況もとくに悪いような噂もありませんでした。

では、なぜレゴランドがひどいとか、潰れるのではないか?いつ閉鎖するのか?という噂が立ったのか原因を探ってみましょう。

レゴランドは入園料が高い

レゴランドは開園当時入園料が高いという噂がありました。

現在の入園料を見てみましょう。

レゴランドは入園料の注意点

【レゴランドの料金について】

ピーク時とオフピーク時で料金が変動します!

13歳以上はおとな料金になります!

【レゴランドの入園料】

前日・当日2~6日前7日前~
ピーク割引きなし10%オフ20%オフ
おとな
(13歳以上)
7,100円6,400円5,700円
こども
(3~12歳)
4,600円4,200円3,700円
オフピーク割引きなし5%オフ10%オフ
おとな
(13歳以上)
5,100円4,900円4,600円
こども
(3~12歳)
3,800円3,600円3,400円
<レゴランド1day料金表>

シーライフ名古屋は別料金ですが、+500円でレゴランドとシーライフ名古屋の両方楽しめるお得なチケットもあります。

レゴランドの入園料は、ピーク時で割引きがない一番高い時は、おとな7,100円こども4,600円です。

オフピーク時でさらに7日前より前に購入し割り引きを使う場合、おとな4,600円こども3,400円まで抑えることができますよ。

ちなみに、現在のディズニーランド・シーやUSJのチケット代も日付によって料金が変動します。

・ディズニーランド・シーは大人の1日券は一番安い日で7,900円~

・USJもオフピーク時の一番安い料金で8,400円~

さすがにディズニーランド・シーやUSJよりも入園料は安いですよね。

レゴランドもチケットの値段としてはそこそこしますが、アトラクションの数やワークショップなど他では体験できないものが多く、魅力的に感じられるものも多いので十分価値はあると思います。

早くチケットを購入すると割引き額も大きいので、予定するなら早めがお得ですね。

レゴランドに行くなら、オフピーク時早割りを上手く活用していきましょうね!

レゴランドは飲食の持ち込みが禁止

レゴランドは飲食の持ち込みは禁止されていますが、これはレゴランドだけではなく、現在は他の有名なテーマパークでも言われてますね。

ディズニーリゾートやUSJは荷物チェックもあり、飲食の持ち込みには結構厳しいです・・・

食べ物の持ち込みが禁止って、けっこう客側からすると困ることが多いですけどね。

ちょっとした空き時間にお菓子など食べたいし、もちろん子供がぐずった時には必要ですからね。

ただ最近のテーマパークは”飲食持ち込み禁止”が多いのでレゴランドだけが厳しい条件ではない気がしますね。

飲食の持ち込みが禁止、ということで問題となるのが、次の項目です。

レゴランドは食事代が高い

これも飲食の持ち込みが禁止の他のテーマパークと同じで、園内で食事をしようとすると一般的な飲食代よりも高いです!

レゴランドの食事代の参考

てりやきバーガーセット 1550円

ハム&チーズサンド 650円

バーガーセットで1500円代と聞くと、やはりちょっとひどいとか高いと思ってしまいますが、レゴランドには少し安い軽食もあります。

USJなども飲食代は高いイメージがありますが、これもテーマパークあるあるという感じですね。

やはり客側としては、コンビニくらいに気軽に食べられて安い飲食物が欲しい!と思ってしまいますけど・・・

せっかくのテーマパークでの食事なんで少し贅沢に、楽しい雰囲気代を払うという感じなんでしょうかね。

レゴランドは全体的に子供向け

レゴランドのコンセプトが子供の知育を目的とされているので、全体のアトラクションが子供向けなのはしょうがないですよね。

ただ13歳以上が大人扱いなので、中学生以上は楽しめない?というとことではなく、中学生から料金が高くなるな~という印象です。

ワークショップなどはプログラミングなどもあるので、学生さんまでは十分楽しめるのではないでしょうか?

実際プログラミングなどは大人の私でも十分興味があり、やってみたいですけどね!

ただ、大人だけで楽しめるアトラクションなどがないので、大人のカップルやグループが行くような場所としては向かないかもしれませんね。

次にレゴランドの現在の状況から、今後のレゴランドは潰れるのか?閉鎖の可能性があるのか考察していきましょう。

レゴランドは潰れる?レゴランドは閉鎖するのか?現在の状況から考察

レゴランドの現状の問題点は、入園料が高く、飲食の持ち込みが禁止で、園内の食事が高いということもあり、遊ぶとかなりの金額を使う可能性がある点ですが、小学生までの子供がいる家庭にはまだまだ楽しめるテーマパークではありますよね。

現在のレゴランドにはオリジナルのキャラクターがいたり、有名なテーマパークのように公式アプリでアトラクションの待ち時間やショースケジュールも確認できるようです。

ピーク時には待ち時間もできるようなので、やはり長期休暇などでは繁盛しているようですね。

レゴランドは乗り物などのアトラクション以外にも、レゴブロックで創作されたものを見たり、アスレチックのような体験できるものもあり、遊園地系の乗り物が苦手な小さな子供も十分楽しめます。

ディズニーリゾートやUSJは、どちらかというと大人が楽しめるテーマパークで、子供にとっては待ち時間が長くて結局ショーの間寝てしまったり、小さい子はぐずったりと楽しめない場合もあります。

子供主体で楽しむことを考えるのなら、レゴランド・ジャパン・リゾートはかなり良いテーマパークだと思います!

ちなみに、コロナで自粛ムードが高まっている今、意外と混雑時期と言われる時期も少ない待ち時間でまわれることもあるみたいです!

そもそもレゴランド・ジャパンだけでもたくさんアトラクションがあるのでシーライフ名古屋まで周る時間がないことも・・・

子供と一緒に遊ぶなら十分楽しめるテーマパークなのでよっぽどのことがない限り、レゴランドは潰れることなく、閉鎖もしないのではないでしょうか!

レゴランドは潰れる?いつ閉鎖するのか現在の状況を調査!のまとめ

この記事では、レゴランドが潰れるのか?いつ閉鎖してしまうのか?噂の原因を調査してみました。

レゴランドは期待度が高かったためか、開園当初から酷評を受けていましたが規模も大きくなり、チケット代も早割などお得なものができています。

レゴランドはまだ潰れる心配はなく、またすぐには閉鎖することなさそうですよね。

アトラクションやワークショップ、さらにシーライフ名古屋まで備わり、子供にとっては楽しめるテーマパークです。

始めの酷評を乗り越えて、これからも楽しいテーマパークとして運営していって欲しいですね。

【テーマパークの関連記事】

伊勢志摩の観光地「志摩スペイン村」もガラガラで人が少ないのになぜ潰れないのか?潰れない理由や志摩スペイン村の楽しみ方などをご紹介します。
>>志摩スペイン村はなぜ潰れないの?つまらないという噂は本当?

北海道の観光地に知られざる「カナディアンワールド」という公園があります。本当に知られていないので知って欲しいカナディアンワールドの現在の状況について見てきました・・・
>>カナディアンワールドの現在は?入場料やアクセスなど現地を調査!(2022)

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました