親愛なる僕へ殺意をこめて打ち切り説の理由は?視聴率の低さはなぜ?

親愛なる僕へ殺意をこめて打ち切り説の理由は?視聴率の低さはなぜ芸能

山田涼介さんが主演のドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」が放送され、ファンは期待していたと思うんですが、意外とドラマ開始や放送後に打ち切り説が浮上しているようですね。

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」はなぜ初回から打ち切り説が浮上しているのか?

その理由は視聴率と関係しているのでしょうか?

この記事では、「親愛なる僕へ殺意をこめて」の打ち切りの噂についてや視聴率について、なぜ視聴率が低いのかその理由などを調査してみました。

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」が打ち切りという噂は本当?その理由は?

Hey!Say!JUMPの山田涼介さんが主演のドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」が10月5日よりスタートしました。

そんな秋ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」にはドラマ開始当時から打ち切りという噂が出ていました。

また、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」第2話が放送された後も打ち切り説が浮上していますが、なぜなのでしょうか?打ち切りと言われる理由について調査してみました。

まず、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」が放送前から打ち切りになるんじゃないかという噂があった理由としては、ドラマが9話までしかないということが理由の1つのようですね。

大体面白いドラマは10話以上13話くらいまであるイメージですが、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」は全9話となっています。

なので、ドラマが9話までしかないから打ち切りにるんじゃ?という憶測が飛んだという感じでしょうか。

しかし、過去にも全9話のドラマというのはあり、前回の水曜22時のフジテレビではドラマ『ナンバMG5』が放送され全10話でした。

韓国ドラマなどを見ている人にとっては日本のドラマは話数が少ないので、9話で終わると聞くと、“打ち切り”とイメージしてしまうかもしれませんね。

しかし、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」は全9話放送できるのか、第2話の視聴率の低さからも“打ち切り説”が浮上しています。

ではそんなドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の視聴率はどのくらい低かったのでしょうか?

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」が打ち切りという理由は視聴率の低さ?視聴率はいくつだったの?

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」はドラマ放送前から話数が少ないので打ち切りの噂がありましたが、これは元々決まっていた話数でしたね。

しかし、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」第2話の平均世帯視聴率が低かったため再び打ち切り説が浮上していると言われています。

気になる視聴率ですが、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」第1話の平均世帯視聴率は4.5%、個人視聴率は2.7%(関東地区)でした。

そして、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」第2話の平均世帯視聴率は3.5%、個人視聴率は2.0%と過去最低の数字という理由で打ち切り説が浮上しています。

(ドラマ『ナンバMG5』は、全10話の平均世帯視聴率が5.4%でした。)

ちなみに、これまでの水曜日22時のドラマでは、2015年7月から放送されていた堤真一さん主演のドラマ『リスクの神様』の第9話が3.7%で最低でした

なので、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」は、この視聴率を下回るという更新をしたことになりますね。

また、『リスクの神様』は全10話の放送で、第4話までは5.0%以上の視聴率を保っており、第5話から4.8%と5.0%を下回るようになっていました。

なので、『リスクの神様』は打ち切りにはなっていませんでした。

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」は初回から5.0%を切っており、序盤から雲行きが怪しいので打ち切り説が浮上しているんでしょうね・・・。

このようにドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の現在の視聴率の低さは深夜番組並みの数字と言われて打ち切りの心配をせざるを得ない状況のようですね。

ではなぜ、第2話でこんなに視聴率が下がってしまったのでしょうか?その理由を考察していきましょう。

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の打ち切り説が浮上するほど視聴率の低い理由は何?

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の視聴率は第1話では4.5%だったものの、第2話で3.5%と過去の水10ドラマの最低視聴率を上回ってしましました。

今後も視聴率は低下するとも見込まれている理由はいったい何でしょうか?

「親愛なる僕へ殺意をこめて」視聴率の低い理由について、①過激でグロテスクな描写が受け入れられない ②リアルタイム視聴が少ない、という理由が挙げられます。

この理由について解説していきますね。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」視聴率の低い理由は?①過激でグロテスクな描写が受け入れられない

「親愛なる僕へ殺意をこめて」視聴率の低い理由の1つとして、第1話からもすでに言われていますが、ドラマ内の描写が過激です

元々の原作が漫画で、あらすじからしてハードな内容ということが分かります。

まず、主人公が連続殺人犯を父に持ち、自身が二重人格で、”もう一人の自分が殺人を犯している“と気づき、真相を探っていくという物語になっています。

この主人公の浦島エイジをHey!Say!JUMPの山田涼介さんが演じるので、ドラマの放送前はジャニーズファンや山田涼介さんを観たい人にとっては期待のドラマでした。

しかし、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の第1話開始からすでに拷問シーンから始まり、視聴者から過激でグロテスク、続きを見たくない(見られない)という感想が多く寄せられていました。

どれだけ山田涼介さんが見たくても、けっこう内容は過激過ぎますよね・・・

このような理由で、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の初回からの拷問シーンが視聴者を遠ざけてしまったということも言えますね。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」視聴率の低い理由は?②リアルタイム視聴が少ない

「親愛なる僕へ殺意をこめて」視聴率の低い理由の2つとして、リアルタイムで視聴する人が少ないのでは?と感じます。

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の第1話から拷問シーンや遺体など過激で見られないという人も多いのですが、そもそも10時台(寝る前に)リアルタイムで見ている人が少ないというのも理由の1つではないでしょうか?

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の第1話は視聴率が4.5%と情報が出ていましたが、実はFODやTVer・GYAO!などの見逃し配信では第1話は『200万以上』の再生回数を突破しています!

『ナンバMG5』の第1話で188万再生が最高だったので、すでに「親愛なる僕へ殺意をこめて」の方が見逃し配信の再生回数は超えていますね!!

ということは、リアルタイムで見れなかった人や、見たいけど寝る前に見れない人にとっては見逃し配信を視聴している可能性がありますよね。
(もしかしたら何回も?)

なので、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」はそこまで不評のドラマではないのでは?とも思いますよ。

もちろんグロいシーンなどが苦手な人は見れないと思いますが、見逃し配信であれば見たくないシーンを倍速やスキップで飛ばすこともできるので、割とみんな見れるのではないでしょうか?

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の拷問シーンや殺人シーンなどが苦手でも、山田涼介さんが見たい!ストーリーが気になる!という人はぜひ見逃し配信を利用してみてくださいね!

親愛なる僕へ殺意をこめて打ち切り説の理由は?視聴率の低さはなぜ?のまとめ

この記事では、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の打ち切りの噂についてや視聴率について、なぜ視聴率が低いのかその理由などを調査してみました。

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」は初めの頃から打ち切り説が浮上していた理由の1つとして、ドラマが全9話しかないということも影響してそうですね。

ドラマとしては短めなので、すでに打ち切りなのでは?と憶測が飛び交ったようです。

また、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の第2話の視聴率が3.7%と低すぎたことで、打ち切りになるのでは?と心配されています。

そしてドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」の視聴率の低い理由としては、初回から過激な拷問シーンに視聴者がついていけない・・・ということがありましたね。

しかし、見逃し配信での再生回数はなかなかの数字をたたき出しており、ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」に対してはそこまで不評ではないのでは?とも感じます。

リアルタイムでは怖くて見られなくても、見逃し配信であれば見られる人も多いと思うので、「親愛なる僕へ殺意をこめて」の続きが気になる人はぜひ見逃し配信で視聴してみてくださいね!

\「親愛なる僕へ殺意をこめて」の原作を読むなら/

DMMブックスなら「親愛なる僕へ殺意をこめて」の原作漫画が読める!

無料サンプルもあるので試し読みも可能♪

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました