垢BANされたらどうなる?垢BANの意味やされる理由とは?

垢BANされたらどうなる?垢BANの意味やされる理由とは?趣味

垢BANをされたらどうなるのでしょうか?

そもそも垢BANとはどういう意味なのか?

垢BANをされる理由はなんでしょうか?

YouTubeやSNS、オンラインゲームなどでアカウントを持っている人は、垢BANされて今まで積み上げてきたものがなくなってしまう、なんてことがないように気をつけてくださいね。

この記事では、垢BANの意味や垢BANをされる理由、そして垢BANされたらどうなるのかをご紹介していきますね。

垢BANされたらどうなる?垢BANの意味とは?

垢BANされたらどうなる?垢BANの意味とは?

YouTubeやSNS、ゲームなどで垢BAN(アカバン)されたという話を聞きますが、垢BANされたらどうなるのでしょうか?垢BANとは一体どういう意味なのかみていきましょう。

まず垢BANのアカウントを意味します。

BANは英語で「禁止する」という意味から来ているようですよ。

垢BANとは、ユーザーがYouTubeやSNS、ゲームなどの利用規約に違反した時に、運営側がアカウントを停止したり、永久に使用できなくするという処置を意味します。

なので、ユーチューバーが垢BANされたという場合、そのユーチューバーがあげていた動画が一切削除され、見られなくなってしまったり、チャンネル登録者情報も消えてしまいす。

また、TwitterやインスタグラムなどのSNSで垢BANされたら、投稿してきたすべてが削除されたり、頑張って集めたフォロワーさんも消えてしまいます。

オンラインゲームで垢BANされたら、課金していたものもすべて失う・・・というとても重大な意味を持ってきますよ。

垢BANと言っても何の垢BANされたかにもよりますが、期限付きの垢BAN無期限の垢BANなど期限が違う処置もあります。

無期限の垢BANになると、永久にそのアカウントは復活しないという意味になります・・・とっても恐ろしいですよね?

では、このような重い運営側の処置ですが、どういうことをすると垢BANになってしまうのでしょうか?

垢BANされる理由を知り、垢BANされないように防ぎましょう!

垢BANされたらどうなる?垢BANをされる理由とは?

垢BANの意味は、アカウントを禁止(停止や永久に使用できない)されることでした。

YouTubeやSNS、ゲームなどでユーザーが利用規約に違反した時に、運営側からアカウントの利用停止やアカウント削除など処置を受けます。

では、なぜ垢BANされるのでしょうか、大切なアカウントを守るために理由を知っておきましょう。

まず垢BANされる理由の1つが運営側の利用規約に違反した場合です。

簡単に言うと不正行為、違反行為などですが、その不正行為の内容はYouTubeなのか各SNSなのかゲームなのかで内容が変わってきます。

垢BANの例

YouTubeの垢BANの理由:コミュニティガイドラインにあるような、スパムや欺瞞行為、デリケートなコンテンツ、暴力的または危険なコンテンツ、規制品に関するコンテンツ、誤った情報のコンテンツに違反した場合垢BANの対象になります。

TwitterやインスタグラムなどSNSの垢BANの理由:各種の利用規約違反が垢BAN対象になりますが、SNSでよくありがちな誹謗中傷なども垢BANの理由になります。

そして、まだそこまで厳しくないのですが、著作権の侵害も垢BANになりえます。

Twitter・インスタグラムでは気軽に写真を投稿してしまうので、ついつい著作権を考えず無意識に著作権侵害を犯している場合もあり、今後取り締まりが厳しくなってくる場合は注意が必要ですね。

また、SNSでの垢BANには意外と年齢設定のミスで垢BANになる場合も見られます。
(公式サイトで多い)

Twitterでは利用できる年齢が13歳以上になっていますので、13歳未満と設定してしまうとアカウントは凍結するようなので注意してくださいね。

オンラインゲームの垢BANの理由:オンラインゲームでの課金アイテムなどを無課金で手に入れるなど違反行為をすると垢BANになる可能性があります。

またゲーム内でのチート行為も垢BANの理由になるので、不正行為は行わないように気をつけましょう!

垢BANをされると、今まで努力して積み上げてきたものが一瞬で失ってしまうのですが、アカウントの復活はできるのでしょうか?

垢BANされたらどうなる?復活はできるの?

利用規約に違反してしまうと垢BANをされる可能性があります。

では、運営側から垢BANされたらどうなるのか?その後復活ができるのか気になりますよね?

もし自分が全く不正行為・違反行為をしていない場合、誤って垢BANされた時は運営側に申し入れをします。

その申し入れが受理されれば、めでたくアカウントの復活削除されたものが復活できる場合もありますよ。

時々機械判定で誤って垢BANにされてしまうこともあるようです。

自分に非がない場合は、それぞれのサービスからしっかりと申し入れを行いアカウント復活を目指しましょう!

ただし、自分が規約違反をしていた場合は、アカウントの復活は絶望的です。

どれだけ課金していても、諦めるしかなくなります。

なので、軽い気持ちでもオンラインゲームなどで不正行為はしないように気をつけてくださいね!

またYouTubeやSNSの場合は、使用前にしっかりと利用規約などを確認しておく方がいいですよ!

自分の積み上げてきた実績や成果など財産を守るために、垢BANには気を付けていきましょうね。

垢BANされたらどうなる?垢BANの意味やされる理由とは?まとめ

この記事では、垢BANの意味や垢BANをされる理由、そして垢BANされたらどうなるのかをご紹介しました。

垢BANの意味は、アカウントを禁止(停止や永久に使用できない)されることで、YouTubeやSNS、ゲームなどで利用規約に違反した時に、運営側から下される処置でした。

垢BANされたら、期限付きや永久でそのアカウントが利用できなくなり、今まで積み上げてきたものがすべてなくなってしまいます。

もし身に覚えもなく垢BANされる理由がないのに垢BANされた場合は、申し入れなどしてアカウントを復活させることもできるので諦めないでくださいね。

日ごろから利用規約をしっかりと読んでおくとこや、不正・違反行為をしないなど、しっかりとルールを守って、自分のアカウントを守っていきましょう。

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました