NHKが映らないテレビの購入方法や価格は?通販はできるのか?

NHKが映らないテレビの購入方法や価格は?通販はできるのか?生活

NHKの受信料を支払いたくない場合、NHKが映らないテレビがあれば受信料を支払わなくて良いんじゃない?と考えたことはありませんか?

そんなNHK受信料から解放されるようなNHKが映らないテレビが販売され話題になっています。

NHKが映らないテレビの購入方法や価格はどうなのか?通販で買えるのか?など調べてみたので参考にしてくださいね。

NHKが映らないテレビの購入方法や価格は?

NHKが映らないテレビの購入方法や価格は?

NHKが映らないテレビというものが一体どこで買えるのか?購入方法や価格をご紹介する前に、「NHKが映らないテレビって何?」という方に、簡単にNHKが映らないテレビについてご紹介しておきますね。

NHKが映らないテレビとは?

NHKが映らないというよりも、地上波が映らないテレビとして2021年12月に『AndroidTV機能搭載チューナーレススマートテレビ』というものがドン・キホーテ系列店舗から発売され爆売れしています。

このチューナーレスのテレビであればテレビ本体に受信設備が搭載していないので、NHKの受信料を支払う必要がない、ということです。

そのため地上波の番組もすべて映らないテレビなんですが一体何を見るのか?というと、U-NEXT、NETFLIX(ネットフリックス)、Amazon プライムビデオ、YouTubeなどの動画配信サービスが楽しめます。

また接続環境も充実しているため、家庭用ゲーム機を接続したり、DVDやブルーレイプレイヤーに接続し映画も見ることができるんです。

普段テレビを見ずに、インターネットからニュースなど情報を取り入れ、動画配信を楽しんでいる若者にとってはNHK受信料を払わなくて済むこのNHKが映らないテレビは向いていますよね。

NHKが映らないテレビの購入方法や価格は?

先ほどお伝えしたように、全国のドン・キホーテでオリジナルブランドの「情熱価格」としてこのNHKが映らないテレビである「AndroidTV機能搭載チューナーレススマートテレビ」を販売しています。

NHKが映らないテレビの購入方法としては、まずはドン・キホーテの店舗で購入するという方法になると思います。

NHKが映らないテレビの購入方法:ドン・キホーテで販売されている『AndroidTV機能搭載チューナーレススマートテレビ』を購入する!

そして、ドン・キホーテで売られているNHKが映らないテレビである『AndroidTV機能搭載フルHDチューナーレススマートテレビ』には24型と42型の2サイズがあります。

それぞれの価格も参考に記載しておきます。

ドン・キホーテのNHKが映らないテレビ参考価格
  • 24型AndroidTV機能搭載フルHDチューナーレススマートテレビの店舗上限価格は19,800円(税込価格21,780円)
  • 42V型AndroidTV機能搭載フルHDチューナーレススマートテレの店舗上限価格は29,800円(税込価格32,780円)

テレビの価格としては妥当なところかと思います。

では、ドン・キホーテ以外でNHKが映らないテレビの購入方法はあるのでしょうか?通販では購入できないのか探してみました。

NHKが映らないテレビの通販はあるのか?

NHKが映らないテレビの購入方法はドン・キホーテで購入でき、価格も2万~3万円台でした。

次にNHKが映らないチューナーレスのテレビが通販で売られていないか探してみたところ、以前ソニーから法人向けの液晶ディスプレイが発売されていました。
(液晶モニター法人向けブラビア BZ35F / BZシリーズ)

このソニーのブラビアシリーズは、NHKが映らないテレビとしてネットでも話題にもなっていましたが、ホテルや学校・会社などで業務用ディスプレイとして使われることを目的に発売されていたものでした。

そのため個人では販売されておらず、購入方法は法人向けの窓口からのようです。

価格も10万近くするのでけっこう高いですよね。

NHKが映らないテレビ、という感じで通販で手に入れるのは難しそうですね。

AndroidTVでアンテナケーブルをつないでないなら、いいんじゃないの?と思うかもしれませんよね?

しかし、「うちはAndroidTVでYouTubeやAmazonプライムしか見ていない。アンテナケーブルつないでないから受信設備がないよ」と、言っても通じない場合があります!

本体内に受信設備が内臓されている限り、アンテナケーブルを取り付けられると受信できてしまうモニターの場合は裁判で負ける可能性があるからです・・・

なので、「アンテナケーブル買ってきたら映るよね?」とかNHKから反論されることもあり、現段階では視聴者側には判定は厳しいようですね・・・

では、NHKが映らないテレビ以外でNHKの受信料を支払わない方法はないのか?最後に調べてみたいと思います。

NHKが映らないテレビ以外でNHKの受信料を払わない方法はあるの?

NHKが映らないテレビ以外でNHKの受信料を払わない方法はあるの?

NHKが映らないテレビがあればNHKの受信料が支払わなくて済む、と安心してしまいそうですが、そもそもどういう条件でNHKの受信料を支払う必要があるのでしょうか?

以下のものがあるとNHKが視聴できるとみなされ、契約する義務があります。

  • 家庭用テレビ
  • 携帯型ポータブルテレビ
  • テレビチューナー付きのカーナビ
  • テレビチューナー付きのパソコン
  • ワンセグ機能付きの携帯
  • その他テレビ視聴可能なスマートフォンやタブレット

テレビ以外でもNHKが視聴できるものを持っていると契約対象になるようなので、NHKが映らないテレビを購入しても、完全にNHKの受信料から免除されるのは難しいかもしれませんね・・・

また、以前イラネッチケーというNHKの電波をカットするフィルターというものが作られ、このイラネッチケーがついたテレビを設置した視聴者側がNHKと裁判起こしました。

結局この裁判は、2021年の2月24日の東京高裁でNHK側の逆転勝訴となっています。

あらゆる手段でNHKの受信料を支払わないようなアイデアが出されるも、なかなかNHKの受信料を支払わないで良い明確な方法というものがないのが現状です。

いつまでもこのNHKの受信料問題は続きそうですね。

NHKが映らないテレビの購入方法や価格は?通販は可能か?まとめ    

NHKが映らないテレビの購入方法としてはドン・キホーテにて『AndroidTV機能搭載チューナーレススマートテレビ』を購入することが一番お手軽かと思います。

価格も2万~3万円台で買えるものありがたいですよね。

ただ、NHKが映らないテレビというのは、地上波の番組が映らないテレビであるということなので、NHKだけが映らないテレビとしての製品や通販は現在見られません。

普段全く地上波の番組は見ない、動画配信やインターネットが主だという方にはこのドン・キホーテのNHKが映らないテレビは向いているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました