エスコンフィールド北海道の広さや収容人数は?規定違反はどうなるのか調査!

エスコンフィールド北海道の広さや収容人数は?規定違反はどうなるのか調査!趣味

日本ハムファイターズの新本拠地「エスコンフィールド北海道」が2023年3月にオープンします。

このエスコンフィールド北海道の広さはどのくらい広いのか?収容人数など気になりますね?

そして、完成間近で報道されたエスコンフィールド北海道の”規定違反”とは一体どういうことなんでしょうか?

この記事では、「エスコンフィールド北海道」の広さや収容人数など球場の環境について、また何が規定違反だったのか?などをご紹介していきますね。

\大好きな野球を好きな時に見るなら!/

【DAZN】(ダゾーン)なら好きな時に、好きな場所で、様々なスポーツが楽しめるスポーツチャンネルです!

プロ野球では広島東洋カープのホーム戦を除く、セ・パ両リーグの全試合中継、交流戦も配信されているので、地上波で見られない試合も見られますよ!

⇩詳しく見る⇩

圧倒的な数のスポーツコンテンツを月額3,000円(税込)で楽しめるのが【DAZN】最大の魅力です!

「エスコンフィールド北海道」の広さはどのくらい?

北海道日本ハムファイターズの新本拠地「エスコンフィールド北海道」が北広島市に2023年3月にオープンする予定です。

この「エスコンフィールド北海道」は球場名になり、エスコンフィールド北海道と付随施設を合わせて「Fビレッジ」と命名されていますよ。

エスコンフィールド北海道は“つくろう。世界がまだ見ぬボールパークを”をキャッチコピーにしており、エスコンフィールド北海道やFビレッジの広さや規模にも注目が集まっています。

それでは実際に「エスコンフィールド北海道」や「Fビレッジ」の広さはどれくらいになるのでしょうか?調査してみました。

まず、この「エスコンフィールド北海道」の広さや仕様を「札幌ドーム」と比較してみましたよ。

 エスコンフィールド北海道札幌ドーム
グラウンド(㎡)約12,00014,460
建築面積(㎡)約50,00055,168
延床面積(㎡)約120,00098,226
敷地面積320,000(Fビレッジ全体)305,230
容量(㎥)158万
階数地下2階、地上6階地下2階、地上4階
左翼(m)97100
中堅(m)121122
右翼(m)99100
外野フェンス(m)2.45.75
屋根開閉式固定型シェル(貝)型
天然芝人工芝
<エスコンフィールド北海道と札幌ドームの比較>

エスコンフィールド北海道と札幌ドームを比較すると、グラウンドと建築物の広さはエスコンフィールドの方が小さくなっていますが、延床面積はエスコンフィールドの方が階数が多くなっていることで広くなっていますね

ちなみに、エスコンフィールド北海道は地下2階、地上6階建てですが、観客が入れるのは地下1階~地上4階となっていますよ。

また、エスコンフィールド北海道の敷地面積はFビレッジ全体で320,000㎡となり、全球団と比べても最大の広さを誇ります。

エスコンフィールド北海道、Fビレッジは広大な北海道の土地を存分に生かしたボールパークとなっていますね。

札幌ドームも敷地面積は広かったですが、敷地の中には札幌ドームやオープンアリーナ、サッカー練習場などしかなく、周りはほとんどが森で何もなかったですよね。

2022年9月頃にはヒグマの目撃情報があるなど、札幌ドームはとっても自然豊かな環境に位置していました。

札幌ドームで野球観戦をした後も、近くの山岡家というラーメン屋に寄るか、そのまま地下鉄に直行することが多かったと思います。

イトーヨーカドーが近くて会場前に寄ることができ便利でもありましたが・・・

一方、エスコンフィールド北海道では、この広大なFビレッジ内に多種多様な施設が建設されていく予定なんですよ!

「宿泊施設」「グランピング施設」「商業施設」「温浴施設」「レストラン」「フードコート」「大規模駐車場」「キッズエリア」「キッズグラウンド」「認定子供園」「農園」「分譲マンション」「シニア向けレジデンス」「メディカルモール」「プライベートヴィラ」「アスレチック」など

エスコンフィールド北海道では、野球観戦以外にも楽しめる施設がたくさんそろっているので、野球の試合の日は1日休みをとっていろいろ周りたいくらいです!

また、野球の試合がない日でも十分楽しめそうですよね!

また、エスコンフィールド北海道は左右非対称のグラウンドになっていますよ。

これは、大リーグヒューストンアストロズの本拠地であるミニッツメイドパークを参考にしたらしいです。

現在、左右非対称のグラウンドを本拠地にしている日本プロ野球の球団はいないので、エスコンフィールド北海道が日本では唯一になりますよ!

また、エスコンフィールド北海道は札幌ドームに比べ外野フェンスの高さが半分以下に低くなっています。

札幌ドームはフェンスがプロ野球界で最も高くホームランが出にくい球場として有名でした。

エスコンフィールド北海道になることで今よりもホームランが量産される試合が多くなりそうで楽しみですね!

そして、エスコンフィールド北海道の屋根は開閉式になっており、天気の状況により屋根が解放されたり、閉鎖されたりしますよ。

エスコンフィールド北海道の屋根の開閉は25分間で完了するようです。

プロ野球の球場としては、「エスコンフィールド北海道」が「福岡PayPayドーム」に次ぐ2番目の屋根開閉式の球場になりますよ。

さらにエスコンフィールド北海道は、グラウンドの芝生が天然芝になっています。

天然芝は人工芝よりも管理が難しく、コストがかかるといった問題がある一方、人工芝よりもクッション性が高いので選手への負担が少なくなっていることが特徴ですよ。

また、天然芝の緑は人工芝よりも太陽の光に映えるので、屋根が開放されたときの観客席からの景色はとてもきれいだと思いますよ。

エスコンフィールド北海道が完成したらしっかりとこの目で野球観戦したいですね!

エスコンフィールド北海道の広さはどのくらい?

エスコンフィールド北海道は札幌ドームよりもグラウンドと建築物の広さは小さい

エスコンフィールド北海道は札幌ドームよりも延床面積が広い

エスコンフィールド北海道の敷地面積はFビレッジ全体で全球団と比べても最大の広さ

エスコンフィールド北海道を含むFビレッジでは今後も多種多様な施設が建設されていく予定

エスコンフィールド北海道は札幌ドームよりも敷地面積が広く、Fビレッジ内には様々な施設が建設される予定なので、野球観戦だけじゃない楽しみが多いボールパークとなっているようですね。

次に「エスコンフィールド北海道」の収容人数について調査しましたので、ご紹介します。

「エスコンフィールド北海道」の広さや収容人数は?

エスコンフィールド北海道は札幌ドームよりもグラウンドと建築物の広さは小さいですが、延床面積が広いことが分かりました。

それでは、エスコンフィールド北海道の収容人数や座席数はどうなるのでしょうか?ご紹介しますね。

 エスコンフィールド北海道札幌ドーム
収容人数(人)35,00042,274(野球時)
座席数 (席)30,00041,566
<エスコンフィールド北海道と札幌ドームの収容人数などの比較>

エスコンフィールド北海道の収容人数と座席数は札幌ドームと比べて少なくなることが分かりました。

しかし、エスコンフィールド北海道は札幌ドームと違い、コンサートやサッカー観戦は行われない野球専用の球場になりますよ。

そのため、エスコンフィールド北海道は野球観戦に特化し、選手と観客の距離が近く設計されており、野球観戦を存分に楽しめるようになっています。

また、エスコンフィールド北海道の観客席は札幌ドームと比べて6cmほど広くなったので、以前よりもゆったりと観戦ができそうです。

野球観戦では応援グッズも持っていたりするので、個人的に幅が広くなりゆったりできることは嬉しいです!

また、エスコンフィールド北海道内には「TOWER11」という“ホテル、サウナ、温泉施設”が入った複合施設が併設されており、客室やサウナから野球観戦が楽しめますよ。

もちろん、温泉やサウナから野球観戦ができるというのはエスコンフィールド北海道が世界初です!

野球観戦しながら温泉やサウナが楽しめるとは、野球ファンにとっては贅沢な時間が味わえますよね!

ちなみにこの「TOWER11」の“11”は過去に日本ハムファイターズに在籍し、現在は大リーグで活躍しているダルビッシュ有選手、大谷翔平選手が過去に背負っていた背番号で、彼らに敬意を表して名づけられました。

エスコンフィールド北海道の収容人数は?

エスコンフィールド北海道の収容人数は35,000人、座席数は30,000人で札幌ドームよりも少ない。

エスコンフィールド北海道は野球観戦専用の球場のため、臨場感を楽しめること間違いなし

エスコンフィールド北海道内の「TOWER11」では、ホテルの客室、サウナ、温泉から野球観戦ができる

このように楽しみがたくさんあるエスコンフィールド北海道なんですが、完成間近になって「大丈夫?」というようなニュースが飛び込んできましたね・・・。

エスコンフィールド北海道の広さについて規定違反が見つかったようですが、何が規定に引っ掛かったのか?今度どうなってしまうのか調べてみましたよ。

「エスコンフィールド北海道」の規定違反とは?今後はどうなる?

ここまで、エスコンフィールド北海道の広さや観戦方法についてご紹介しました。

しかし、2022年11月8日のニュースで、エスコンフィールド北海道がプロ野球規定違反のため使用できないかもしれないという驚くべき報道がされましたね。

このエスコンフィールド北海道の問題は11月7日に開催された日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団による実行委員会で提起されたようです。

日本プロ野球では、公認野球規則というルールブックに則った形での運営、試合をおこなわなければなりません。

しかし、この中の『ファウルゾーンの広さ』についてエスコンフィールド北海道が違反していると指摘がありました。

公認野球規則ではホームベースとバックネットまでの広さを約18m以上確保しないといけないと規定されていますが、エスコンフィールド北海道では約15mしか確保されていなかったのです。

グラウンドと観客席の広さを極力小さくして臨場感のある野球観戦をするというエスコンフィールド北海道のコンセプトが裏目に出たのかもしれません。

しかし実際、メジャーリーグではファウルゾーンが約15mという球場は多くあるようです。

それはアメリカの公認野球規則の原文では“推奨される”という表現のため、メジャーでは問題になっていませんでした。

しかし、日本では18m以上必要という風に書かれていることから、日本とアメリカの原文の言葉の解釈の違いが原因の1つとしても挙げられていました。

ちなみに、エスコンフィールド北海道の設計会社はアメリカに本社を持つ全米最大大手である“HKS”という企業のようです。

これまでメジャーで手掛けた球場は16m以下でも問題視されていなかったのですが、日本ではこれが問題となってしまったようですね。

エスコンフィールド北海道は既に95%以上完成しており、今からの改修は難しいようなので、12球団で協議を続けていくことに決まっています。

せっかくの臨場感あふれる距離感を再現されているので、日本でも体験できるように無事に解決して欲しいですね。

こちらの協議の結果、2023年のシーズン中はこのままの仕様で、シーズンオフ以降に改修するとの結果になりました。

とりあえず2023年の3月30日はエスコンフィールド北海道で日ハムの開幕戦が行われる予定でホッとしましたね。

エスコンフィールド北海道の基準ミス?規定違反はどうなる?

規定違反の問題が発覚したのは2022年11月7日に開催された日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団による実行委員会

エスコンフィールド北海道のファウルゾーンの広さが公認野球規則の規定に違反していた

エスコンフィールド北海道の規定違反の問題に関しては、2023年のシーズンオフから改修予定となっている

エスコンフィールド北海道の広さや収容人数は?規定違反はどうなるのか調査!のまとめ

この記事では、「エスコンフィールド北海道」の広さや収容人数など球場の環境について、また何が規定違反だったのか?などを調査してご紹介しました。

エスコンフィールド北海道と札幌ドームと広さを比べると、グラウンドと建築物の広さは小さくなるようでした。

しかし、エスコンフィールド北海道は札幌ドームよりも階数が多く、延床面積が広くなっています

また、エスコンフィールド北海道の敷地面積はFビレッジ全体で全球団と比べても最大の広さを誇りますよ。

また、エスコンフィールド北海道の収容人数は35,000人で、座席数は30,000人です。

札幌ドームよりも収容人数や座席数が少なくなっていましたが、エスコンフィールド北海道は野球観戦専用の球場でした。

そのため野球を楽しんで観戦できるための工夫がたくさんされていたり、ボールパークとしての魅力がたくさん詰まった場所になっていますよ。

しかし、完成間近でエスコンフィールド北海道のファウルゾーンの広さについて規定違反ではないかという報道もありました。

規定違反については協議された結果、2023年のシーズンオフから改修していくことになっていますので、2023年のシーズン中に新球場「エスコンフィールド北海道」での臨場感をぜひ味わいたいですね!

【エスコンフィールド北海道の関連記事】

エスコンフィールド北海道への各アクセス方法についてご紹介しています。
エスコンフィールド北海道のアクセスは?電車・バス・車の行き方徹底比較

エスコンフィールド北海道でのチケット代や開幕戦チケットの販売時期などを調査してみました。
エスコンフィールド北海道のチケット代は?日ハム開幕戦2023を調査!

自宅で日本ハムファイターズを応援するなら?

【DAZN】は好きな時間・場所で、様々なスポーツが楽しめるスポーツ配信チャンネルです!

年間10,000以上の試合をお手頃な定額料金で、CMなしでスポーツ観戦ができますよ♪

リアル配信だけでなく、見逃し配信や、中継後のハイライト配信もあり!

実況や解説の評判が良いのがおすすめポイントです!

⇩詳しく見る⇩

圧倒的な数のスポーツコンテンツを月額3,000円(税込)で楽しめる!

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました