泡で出てくる洗顔料は良くないの?デメリットと正しい洗顔法を解説!

泡で出てくる洗顔料は良くないの?デメリットと正しい洗顔法を解説!生活

泡で出てくる洗顔料は時短になって便利なんですが、は肌には良くない、デメリットもあるとも言われているんですよね。

そんな泡で出てくる洗顔料が良くないと言われる理由やデメリットと何か?また、泡で出てくる洗顔料を使って正しい洗顔をするにはどうすればいいのか?をご紹介していきますね。

泡で出てくる洗顔料を利用している方は、この記事を参考に良くないと言われるデメリットを知って、正しい洗顔方法を実践してみてくださいね。

泡で出てくる洗顔料は良くないの?その理由やデメリットとは?

泡で出てくる洗顔料は良くないの?その理由やデメリットとは?

泡で出てくるタイプの洗顔料って楽でいいですよね?

洗顔料をわざわざ泡立てる必要がなく、しかもそのままモコモコの泡で洗顔することができるので魅力的です。

そんな泡で出てくる洗顔料なんですが、実はあまり肌には良くないようなんですよね。

人によっては泡で出てくる洗顔料を使って「肌に刺激を感じる」という人もいるようです・・・

そんな泡で出てくる洗顔料が良くないという理由やデメリットについてご紹介していきますね。

泡で出てくる洗顔料が良くない理由:洗剤や防腐剤などの濃度が高い!

泡タイプ以外の通常のフォームタイプなどの洗顔料は水で薄めつつ泡立てますよね?

しかし、泡で出てくる洗顔料は、出てきた泡をそのまま肌につけて使用します

そんな泡タイプの洗顔料の中には、「肌に刺激をもたらす化学成分」「防腐剤」通常の洗顔料よりも多く含まれているんですよね。

※ 泡タイプの洗顔料は元々水で薄まっているのですが、その水の雑菌の繁殖を抑えるために多めに「防腐剤」が入っています

また、洗浄剤についても通常の洗顔料と洗浄成分の配合を比べた時、一見泡で出てくる洗顔料の方が洗浄成分の割合は少なく感じます。(数値的には)

ただ、泡で出てくる洗顔料は水で薄めるわけではないので、通常の洗顔料よりも洗浄剤の濃度が濃い状態で顔につけることになるので、肌には良くないんですよね。

※ 泡タイプ以外の洗顔料は、水で薄めるため肌に付ける時の洗浄成分としては、書いてある数値よりも実際は低くなります。

そうなると、泡で出てくる洗顔料の方が、洗浄力が強くなるので皮膚への刺激も当然強くなってしまいますよね。

このように、泡で出てくる洗顔料を直接肌に付けるということは、防腐剤であったり、皮膚刺激の強い状態の洗浄剤をそのままつけるというデメリットがあり、肌には良くないんですよね。

しかし、泡で洗顔する方がお肌への摩擦は少なく、時短にもなって使いやすいというメリットもありますよね?

では泡で出てくる洗顔料のデメリットを、極力抑えた正しい泡洗顔の仕方はどうすればいいのでしょうか?

泡で出てくる洗顔料の正しい洗顔の仕方は?

泡で出てくる洗顔料の正しい洗顔の仕方は?

泡で出てくる洗顔料が良くないのは、「洗剤成分や防腐剤などの化学成分が濃い濃度のまま顔につける」ことになるデメリットがありましたよね。

この泡で出てくる洗顔料のデメリットを抑えるためには、単純に水で薄めると肌への刺激は少なくなりますよ!

泡で出てくる洗顔料の正しい洗顔の仕方①泡立てネットを使って再度泡立てる!

泡で出てくる洗顔料で顔を洗う時は、水をしっかりと含ませた泡立てネットに泡で出てくる洗顔料を乗せ、しっかりと泡立てます。(再度泡立てる!)
(この時適宜水分を取り入れます)

そうすると、何もしないで出した泡よりもさらに濃密な泡になり、成分は水で薄まっているので肌への刺激の少ない泡洗顔ができるようになりますよ。

また、手で泡立てた時と、泡で出てくる洗顔料の泡では、「泡のきめ細かさ」は違います。

やはり手で泡立てた時(泡立てネット使用)の方がきめ細かく、肌へのダメージは少ないんですよね。

泡で出てくる洗顔料の場合、泡があまりモコモコせず、しぼんでしまうと結局肌を直接こすって洗うことに繋がってしまうので、注意が必要です。

泡洗顔で大切なことは、泡の吸着力を活かして肌への摩擦を減らすことなので、泡で出てくる洗顔料でもしっかりとモコモコの泡に作り替える方がお肌にも良いですよ。

泡で出てくる洗顔料の正しい洗顔の仕方②洗顔自体は素早く、泡を乗せる順番も意識する

一般的なお肌に優しい洗顔の方法でもありますが、洗顔の時間は長いよりも短い方が肌への負担は少なくなります(洗顔時間は30秒~1分程度)

なので顔を濡らした状態で、あまり泡立てに時間をかけ過ぎないように注意してくださいね。

そして、泡で出てくる洗顔料を再度泡立てた後は、皮脂の多い部分から乗せていきますよ。

<洗顔時の泡を乗せる順番>

1.Tゾーン 

2.頬やあご 

3.目元と口元

泡を皮脂の多いところから順番に乗せ、顔全体に広げていきます。

特に皮脂が溜まりやすい小鼻の脇などは指の腹で優しく洗いますよ。

この後のすすぎもしっかりとおこない、洗い残しがないように気をつけてくださいね。

※ お湯を使う場合は熱すぎると良くないので、体温よりも低めの32℃くらいのぬるま湯を目安にします。

では、泡で出てくる洗顔料での正しい洗顔方法の次に、どんな泡で出てくる洗顔料を使えばいいのでしょうか?

敏感肌や乾燥肌などの方向けに、おすすめの泡で出てくる洗顔料をご紹介しますね。

おすすめの泡で出てくる洗顔料は?

泡で出てくる洗顔料は肌に良くないと言われていても、再度泡立てて洗浄成分や防腐剤の濃度を薄めることで刺激を減らせました。

そして、泡で出てくる洗顔料の中にもマイルドで敏感肌や乾燥肌の方におすすめの泡洗顔料もありますよ。

まず選び方として、敏感肌やアトピー肌、乾燥肌の人は肌のバリア機能が弱いので洗浄力が強い洗顔料では肌への刺激が強いです。

特に石けん系の泡洗顔料は洗いすぎになってしまい、敏感肌には良くないこともありますよ。

しかし単純に、「マイルド」と謳っている泡洗顔料の中には、マイルド過ぎて洗浄力が弱すぎる商品もあるので注意してくださいね。

おすすめの泡で出てくる洗顔料①ベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュフォーム泡タイプ

ベビーセバメドは石けん成分を使っていないので、敏感肌の方に向いています。

低刺激なのにさっぱり洗えますが、微香性で甘い匂いがあるので匂いが気になる人には少し難点かもしれません。

おすすめの泡で出てくる洗顔料②キュレルの泡洗顔料

市販で手に入る泡洗顔料の中ではクオリティが高いですよ。

誰でも使いやすいマイルドな洗浄力が魅力です。

アミノ酸系洗浄成分、両性イオン系洗浄成分で構成されており、敏感肌の人でも使いやすいく、肌荒れを抑制する成分も入っています。

おすすめの泡で出てくる洗顔料③MINON(ミノン)ベビー全身シャンプー泡タイプ

全身シャンプーなので顔にも使えます

全成分が6個というシンプルな作りになっており、アミノ酸系で敏感肌、乾燥肌系の人に向いています。

また、使用している成分が少ないためアレルギーが起こりにくく、アレルギーのある方にも向いていますと。

赤ちゃんからも使えるという、優しい泡で出てくる洗顔料になっていますよ。

おすすめの泡で出てくる洗顔料④ミルふわ全身ベビーソープ

こちらも全身用ですが、洗顔料としても使えますよ

ミルふわ全身ベビーソープはマイルドで低刺激の成分が使われています。

ただ、さっぱりした洗いあがりよりもマイルドよりなので、さっぱりさせたいという人には洗浄力が物足りないかもしれません。

とにかく「肌に優しいものが良い!」という方向けの泡洗顔料ですね。

泡で出てくる洗顔料は良くないの?デメリットと正しい洗顔法は?のまとめ

この記事では、泡で出てくる洗顔料が良くないと言われる理由やデメリットについて、泡で出てくる洗顔料を使った正しい洗顔方法についてご紹介しました。

泡で出てくる洗顔料は、通常の洗顔料よりも洗剤や防腐剤などの化学成分が多く含まれているというデメリットがあり肌に良くないとも言われています。

しかし、泡で出てくる洗顔料を再度泡立てネットで泡立てなおすことでそのデメリットを抑えることができますよね。

そして、洗顔は手早く、泡を乗せる順番など意識して肌への刺激を減らすことも大切です。

自分の肌にあった泡洗顔料を選んだり、洗顔方法を工夫してみてくださいね!

【スキンケアに関連する記事】

顔の日焼け対策に100均のフェイスカバーは効果あるのでしょうか?また使い心地などみんなのレビューもご紹介しています。
>>フェイスカバーは100均でも日焼け対策できる?日除けマスクのレビュー!

泡ボディソープを使うとお肌にやさしいんですよね。泡ボディソープの使い方や正しい体の洗い方などをご紹介しています。
>>泡ボディソープの使い方は?背中の洗い方や何プッシュ使うのかを調査!

ニキビの悩みを解決したい!おすすめニキビケアのスターターセット
error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました