silent(サイレント)ドラマ中のスピッツの曲や歌詞の意味は?なぜ起用されたのか調査!

Silent(サイレント)ドラマ中のスピッツの曲や歌詞の意味は?なぜ起用されたのか調査!芸能

Snow Man目黒蓮さんと川口春奈さんのドラマ「silent(サイレント)」の第1話放送後からすでに涙腺崩壊したという感想が見られますね!

ドラマ「silent(サイレント)」ではドラマの中でスピッツの名曲が使われており、そのスピッツの曲がドラマととってもリンクして切なくていい演出しているんですよね!

そんなドラマ「silent(サイレント)」で使われたスピッツの曲は何なのか?そしてスピッツの曲の歌詞の意味と演出効果について、またなぜスピッツの曲が起用されたのかをご紹介しますね!

「silent(サイレント)」ドラマ中のスピッツの曲は何?それぞれの歌詞の意味や演出の効果は?

ドラマ「silent(サイレント)」は2022年10月6日からフジテレビ系でスタートしました。

ドラマ「silent(サイレント)」には川口春奈さんとSnow Manの目黒蓮さんが主演しており、1話から涙を流さずにはいらない話題作となっています。

そんなドラマ「silent(サイレント)」では、劇中でスピッツの曲が使われており、その歌詞の意味や演出の効果がTwitterなどで話題を集めていますね。

そんなドラマ「silent(サイレント)」で使用されたスピッツの曲とドラマの関連について調査しましたので、ご紹介します!

まず、ドラマ「silent(サイレント)」の第1話では、スピッツの「楓」「魔法のコトバ」の2曲が使用されていましたよ。

はじめに、ドラマ「silent(サイレント)」の第1話で使用されたスピッツの「楓」の歌詞の意味や演出の効果についてご紹介しますね。

「silent(サイレント)」ドラマ中のスピッツの「楓」の歌詞の意味や演出の効果は?

ドラマ「silent(サイレント)」の第1話では、CDショップ(渋谷のタワーレコード)で働く川口春奈さん演じる“紬”が何気なくヘッドホンで音楽を聴いてるシーンでスピッツの「楓」が流れていました。

高校時代、“紬”が付き合っていた“目黒蓮さん演じる“想”がスピッツ好きという設定のため、8年後の現在の“紬”が別れた“想”を思い出すきっかになっているのかもしれません。

ドラマ「silent(サイレント)」の第1話で流れたスピッツ「楓」の歌詞には「さよなら 君の声を抱いて歩いていく」のフレーズがあり、川口春奈さん演じる“紬”が目黒蓮さん演じる“想”の声を好きだったことや徐々に耳が聞こえにくくなる“若年発症型両側性感音難聴”を患ってほとんど聴力を失った想と重ね合わせて、号泣する視聴者が続出しているようです。

また、ドラマ「silent(サイレント)」の第1話で流れたスピッツ「楓」の2番の歌詞の「他人(ひと)と同じような幸せを信じていたのに」という部分からも、病気のことを“紬”に告げられず一方的に別れを告げた“想”の気持ちをオーバーラップして心揺さぶられる視聴者がいたようです。

さらに、ドラマ「silent(サイレント)」の第1話で流れたスピッツ「楓」の歌詞の「瞬きするほど長い季節が来て 呼び合う名前がこだまし始める 聴こえる?」という所にも“紬”と“想”の関係性をリンクさせる意味が込められており、感動する視聴者が見られました。

次に、ドラマ「silent(サイレント)」の第1話で流れたスピッツの2曲目「魔法のコトバ」についての歌詞の意味や演出の効果についてご紹介しますね。

「silent(サイレント)」ドラマ中のスピッツの「魔法のコトバ」の歌詞の意味や演出の効果は?

ドラマ「silent(サイレント)」の第1話では、スピッツ「楓」の他に目黒蓮さん演じる“想”の好きな曲としてスピッツの「魔法のコトバ」が流れましたね。

スピッツ「魔法のコトバ」はドラマ「silent(サイレント)」で、高校生時代の“想”が“紬”に告白した後に“想”が“紬”にイヤホンで聴かせた曲でした。

このドラマ「silent(サイレント)」の第1話で流れたスピッツの“魔法の言葉”でも歌詞とドラマのリンクがあると話題がありました。

ドラマ「silent(サイレント)」の第1話で、“紬”が偶然に東京の代田駅で“想”を見かけた後のカフェの場面で、“紬”と親友の藤間爽子さん演じる“真子”と会話する場面にて、「“想”と会ったこと、そしてまた会えんじゃないかと話している場面で、“紬”が「(会う)約束してなくても?」と“真子”に言います。

これらの場面ですが、ドラマ「silent(サイレント)」の第1話で流れたスピッツの“魔法のコトバ”の歌詞の中で「魔法の言葉二人だけにはわかるまた会えるよ 約束しなくても」とあり、地元の群馬で別れた“想”と”紬“が8年ぶりに東京で偶然出会うところ、またカフェでの“紬”のセリフともリンクしています。

ドラマ「silent(サイレント)」の第1話だけでもスピッツの名曲が相まって涙腺崩壊している人が多数…どんだけ泣かせる気でしょうか、このドラマ…

ここまでこのドラマ「silent(サイレント)」とスピッツの曲がリンクして、涙腺が崩壊するほどの演出効果になっているのはなぜでしょうか?なぜスピッツの曲なのかを調査してみました!

「silent(サイレント)」ドラマ中のスピッツの曲は何?なぜ起用されたのか?

ドラマ「silent(サイレント)」の第1話だけでも涙なしでは見られない、スピッツの曲の影響力の強さを感じますね。

では、なぜここまでスピッツの曲が演出に使われているのでしょうか?

ドラマ「silent(サイレント)」の脚本家の生方美久(うぶかた みく)さんの過去のツイートがこのドラマでスピッツの曲が起用され、涙腺崩壊の脚本となった理由が分かりますよ!

「スピッツの「楓」みたいなお話書いてるので毎日泣いてます。むだな涙にならないように努力します。」とツイートされていることからも、ドラマ「silent(サイレント)」はスピッツの曲の影響を強く受けているようですね。

そして脚本家の生方美久さんがスピッツをお好きなようなので、スピッツの曲は今後もこのドラマ「silent(サイレント)」の鍵になっていそうですね!

ただただ、バッドエンドではなく、ハッピーエンドを願うばかりです!!

\今すぐスピッツの名曲「楓」や「魔法のコトバ」が聴きたい♪/

↓Amazon musicのダウンロードはこちらから↓

silent(サイレント)ドラマ中のスピッツの曲は何?歌詞の意味やなぜ起用されたのか調査!のまとめ

この記事では、ドラマ「silent(サイレント)」で使われたスピッツの曲は何なのか?そしてスピッツの曲の歌詞の意味と演出効果について、またなぜスピッツの曲が起用されたのかを調査してご紹介しました。

ドラマ「silent(サイレント)」の第1話ではスピッツの名曲「楓」「魔法のコトバ」の2曲が使われていましたね。

そして、それぞれスピッツの曲の歌詞とドラマの内容がリンクしており、とっても切なく涙腺崩壊するような演出効果抜群でした!

ドラマ「silent(サイレント)」の脚本家である生方美久さんはスピッツの曲がお好きなようで、以前からスピッツの曲から影響を受けお話を書いているようだったので、今回のドラマ「silent(サイレント)」ではスピッツの歌詞のようなお話になることが予想されます。

これからどんな切ないお話になっていくのか目が離せませんが、視聴者としてはバッドエンドではなくハッピーエンドで終わって欲しいと願うばかりです!

そんなドラマ「silent(サイレント)」を見逃してしまった!または、何回でも見たい!という人に向けドラマ「silent(サイレント)」の見逃し配信の視聴方法についてご紹介しています!
silent(ドラマ)の見逃し配信を無料視聴できるサイトや視聴方法は?

川口春奈さんの弟役を演じているのは誰?気になる俳優さんについて調査しました!
silent(サイレント)川口春奈の弟光役のプロフィールや出演作品を紹介!

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました