ドロンジョの義足はなぜ?原作や設定は?(池田エライザ❘ドラマ)

ドロンジョの義足はなぜ原作や設定は(池田エライザ❘ドラマ)芸能

2022年10月7日からWOWOWのオリジナルドラマ『DORONJO/ドロンジョ』が放送されます。

このドラマ『DORONJO/ドロンジョ』では池田エライザさんがドロンジョ様の役をするのですが、義足を履いているんですよね。

なぜドロンジョ様が義足なのか、原作やこのドラマの設定について調べてみました。

また、ヤッターマンの実写化映画では深田恭子さんがドロンジョを演じていましたが、今回のドラマでは池田エライザさんに変わったので、その理由も合わせて調べてみましたよ。

この記事では、池田エライザさん演じるドロンジョが義足なのはなぜか?原作やドラマの設定について、また深田恭子さんから池田エライザさんへ変わった理由についてまとめていますよ。

池田エライザのドロンジョが義足なのはなぜ?原作はどうなっている?

2022年10月7日からWOWOWプライムにてWOWOWのオリジナルドラマ『DORONJO/ドロンジョ』が放送されます。

このは『DORONJO/ドロンジョ』は「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」でドロンボーの悪党3人組を率いるドロンジョ様が主人公となっているドラマのようですね。

そして、この主人公であるドロンジョ「泥川七音(どろかわ なお)」を演じるのが池田エライザさんです。

池田エライザさんのドロンジョのビジュアルを見て目を引くのは左足が機械式の義足になっているんですよね。

ここで、「あれ?ドロンジョは義足だったかな?」と疑問に思う方もいると思うのですが、原作はどうなっていたのでしょうか?調べてみました。

「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」の原作はタツノコプロ制作のアニメで、第1作目は1997年1月1日から1979年1月27日までフジテレビ系列で放送されていました。

アニメでのドロンジョの設定では身長173cm、24歳のお色気担当で、義足をはいてはいませんでしたよ。

そして、原作のアニメでは主要人物であるのに、ドロンジョの過去の経歴については語られていないようですね。

ちなみに、以前「ヤッターマン」が実写化映画された時がありましたが、この時のドロンジョ様は深田恭子さんでした。

深田恭子さんのドロンジョはセクシーで好評のようでしたね。

そして、その時の深田恭子さんのドロンジョも義足ではありませんでしたよ。

では、今回の池田エライザさんのドロンジョはなぜ義足なんでしょうか?次はドラマの設定についてご紹介していきますね。

池田エライザのドロンジョが義足なのはなぜ?ドラマの設定は?

「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」の原作のアニメではドロンジョは義足ではありませんでした。

そして、実写版映画で深田恭子さんのドロンジョも義足ははいていませんでしたね。

なぜ、今回の池田エライザさんのドロンジョは義足なのでしょうか?ドラマの設定について調べてみました。

まず、今回の池田エライザさんがドロンジョを演じるドラマ『DORONJO/ドロンジョ』の設定は、ドロンジョが悪に手を染めることになるまでの、彼女の知られざる過去や壮絶な生き様を描いた”ダークエンターテイメント“になっているようですよ。

ドラマ『DORONJO/ドロンジョ』で池田エライザさんは“令和のドロンジョ”として描かれており、貧しく過酷な環境で生きている設定です。

そして、ドロンジョ様とは敵対関係のヤッターマンの“ヤッターマン2号”の聖川愛花(ひじりかわ あいか)は、裕福な家庭で育ち、自身の美貌を生かしてインフルエンサーとしても活動しているという設定でかなり現代風にアレンジされていますよ。

(※アニメの原作でヤッターマン2号は、電気屋の娘で上成 愛(かみなり あい)でした)

ドロンジョを取り巻く、ドロンボーの一味には”トンズラー“や”ボヤッキー“がいますよね。

その中の”ボヤッキー“がこの『DORONJO/ドロンジョ』では原作同様にメカ作りの天才という設定です。

そんなボヤッキーがある悲劇によって左足を失い、絶望の淵にいた七尾(のちのドロンジョ)へ、自分で制作した“義足”を与えたという設定があるようですね。

なので、「なぜドロンジョが左足を失い義足になったのか」についてはドラマ内で語られるお話なんだと思います。

このドロンジョの義足設定なのは、そのような過酷な環境からドロンジョが生まれたという、ちょっとアニメなどと違ったダークさを演出するための設定なんでしょうね。

実写版ドロンジョ様と言えば深田恭子さんの印象がありますが、今回の『DORONJO/ドロンジョ』では池田エライザさんドロンジョを演じることになりました。

なぜ、今回はキャストが変わったのか?みんなの反応なども合わせて少し調べてみましたよ。

ドラマのドロンジョ様が深田恭子じゃなくて池田エライザなのはなぜ?

今回のドラマ『DORONJO/ドロンジョ』ではややダークな世界観で、池田エライザさんがドロンジョを演じています。

今回ドロンジョがなぜ義足なのかは、ドロンジョの生きてきた過酷な背景を意味づける設定でもあるようですね。

では、深田恭子さんの印象が強いドロンジョですが、今回池田エライザさんに変わった理由は何だったのでしょうか?

まず、映画版もドラマ版も原作はアニメの「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」ですが、監督を始めとする脚本、プロデューサーなどが違いますよ。

そしてキャスト・出演者も違っており、一緒の役の人はいませんでした。

映画とドラマのヤッターマンキャスト比較

映画ドラマ
ヤッターマン1号/高田ガン:櫻井翔のちのヤッターマン1号/高岩田ガン:金子大地
ヤッターマン2号/上成 愛:福田沙紀のちのヤッターマン2号/聖川愛花:山崎紘菜
ドロンジョ:深田恭子のちのドロンジョ/泥川七音:池田エライザ
ボヤッキー:生瀬勝久のちのボヤッキー/飛悟(ひゅーご):矢本悠馬
トンズラー:ケンドーコバヤシのちのトンズラー/匠苑(しょーん):一ノ瀬ワタル
主要キャラと俳優の比較表

さらに、ドラマ版『DORONJO /ドロンジョ』ではオリジナルキャラとして瑛磨(えーす):田中俊介が登場しますよ。

このキャストを見て分かるように、原作とはキャラクターの名前が変わっている点と、ドラマ『DORONJO /ドロンジョ』はドロンジョ達の過去の話なので、そもそも映画と設定が違いますよね。

ヤッターマンとしての世界観が違うので深田恭子さんとは違う、池田エライザさんやその他の俳優さんに変わっているんでしょうね。

ただ、このドロンジョ様が深田恭子さんから池田エライザさんに変わってしまったことでファンの中には残念がっている人もいるようですね。

ドロンジョの配役として池上エライザさんに対しては不満がもれている感じはありませんが、一部のファンからは、やはり“セクシーな衣装のドロンジョ様”を期待しており、深田恭子さんの完璧なドロンジョを知っている人にとってはセクシーさが足りない・・・という意見もあるようですよ。

現在公開されている池田エライザさんのドロンジョの姿は義足姿で過酷さは伝わってきますが、セクシーかどうかというと違いますからね・・・

池田エライザさんもスタイルは抜群なので、セクシーな服を着ないドロンジョ様は「池田エライザさんのむだ使いだ…」という意見もあるようですよ。

しかし池田エライザさん演じるドロンジョは、ボクシングをするというかっこいいバトルシーンもあるようですよ!

実際にドラマ『DORONJO /ドロンジョ』ではドロンジョの義足の話だけでなく、池田エライザさんがどんな衣装を着るのか、どんなドロンジョを演じるのかも気になりますね!

ドロンジョの義足はなぜ?原作や設定は?(池田エライザ|ドラマ) のまとめ

この記事では、池田エライザさん演じるドロンジョが義足なのはなぜか?原作やドラマの設定について、また深田恭子さんから池田エライザさんへ変わって理由についてまとめていますよ。

ドラマ『DORONJO/ドロンジョ』では池田エライザさんのドロンジョは義足を履いていますが、原作のアニメ「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」のドロンジョは義足ではありませんでした

また、深田恭子さんがドロンジョを演じた実写版映画でも義足ではありませんでしたよ。

では、なぜドラマ『DORONJO/ドロンジョ』では義足なのかというと、ドラマの設定に関係していました。

今回のドラマ『DORONJO/ドロンジョ』は泥川七音が悪に手を染めドロンジョになるまでの知られざる過去や壮絶な生き様が描かれています。

そんな設定ゆえに、なぜ左足を失い義足をつけることになったかなどはドラマ内でエピソードがありそうですね。

詳細はドラマを見てのお楽しみという感じですが、過酷な過去が背景というドラマの設定で今回のドロンジョは義足になっているようでしたね。

また、ヤッターマンの実写化映画では深田恭子さんがドロンジョを演じていましたが、今回のドラマでは今までのヤッターマンと設定が違うため、配役が変わりドロンジョも池田エライザさんに変更になったようですね。

池田エライザさんのドロンジョ様も魅力的ではありますが、一部のファンからはセクシーさが足りないという声もあるようですね…

実際の池田エライザさんのドロンジョ様がどんな感じなのかドラマが楽しみですね!

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました