晩酌の流儀で金麦なのはなぜ?プレモルではない理由とは?

晩酌の流儀で金麦なのはなぜ?プレモルではない理由とは?芸能

ドラマ25「晩酌の流儀」で最高の晩酌と言いつつ飲んでいたのは“金麦”だったのはなぜでしょうか?

最高の晩酌にはプレモルなどのビールの方が良いと思うのですが、ビールではなく発泡酒だった理由とは何でしょうか?

この記事では、「晩酌の流儀」でプレモルではなく金麦だったのはなぜなのか?その理由の考察をしてみました。

「晩酌の流儀」で金麦なのはなぜ?プレモルではない理由はあるの?

栗山千明さん主演のドラマ25『晩酌の流儀』では、最高の晩酌のために準備万端でこだわっていると思うのですが、肝心な晩酌シーンで「サントリーの金麦」でしたね。

あれを見て「え?なぜ金麦?」「そこはプレモル(ザ・プレミアム・モルツ)、もしくは黒ラベルだろ!」とツッコミを入れたくなった人も多かったようですね。

やはり最高の晩酌では発泡酒(金麦)ではなくビール(プレモル)といきたいところですよね~!

なぜ、「晩酌の流儀」ではビール(プレモル)ではなく発泡酒(金麦)だったのでしょうか?

なんだかちょっと肩透かしをくらったような感じで不思議だったので調べてみました。

同じ感想を抱いた視聴者のみなさんの意見を元に、「晩酌の流儀」でプレモルではなく金麦だった理由を考察してみたいと思います。

「晩酌の流儀」でプレモルではなく金麦だった理由の考察①「サントリーが金麦を推している」

「晩酌の流儀」では最高の晩酌と言いつつ、ビール(プレモル)ではなく発泡酒(金麦)を飲んでいましたよね。

なぜ、ここで金麦が出てきたのでしょうか?金麦だった理由考察1つ目は「サントリーが金麦を推しているから」ですね。

テレビドラマで商品が起用されると、広告効果は絶大です。

ここでプレモルを飲んでいると、「晩酌の流儀」の翌日はプレモルを買い求める人が多くなることでしょう。

しかし、プレモルは元々売れ行きが良く、生産量も少ないようですよ。

なので、「晩酌の流儀」を見て購入者が増えてもサントリーは少し困る…といった感じでしょうか。

そして、「金麦をもっと売りたい!」という意向もあるのでは?という考察です。

「晩酌の流儀」で金麦だったのはスポンサーの力が強く働いたのかもしれませんね。

では、その他のプレモルではなく金麦だった理由の考察もご紹介しますね。

「晩酌の流儀」でプレモルではなく金麦だった理由の考察②「親近感・共感が得やすい」

「晩酌の流儀」でプレモルではなく金麦だった理由の考察2つ目として、「親近感や共感が得やすい」のではという意見もありましたよ。

栗山千明さんが金麦を飲むシーンを見て、自分も金麦派(発泡酒派)の人はかなり嬉しくなりますよね。

そんな栗山千明さんの庶民的な感じとか、ちょっと視聴者に寄り添った感じにも捉えることができます。

単なるサントリーの宣伝か!?という意見も多いですが、やはり金麦を普段飲んでいる人からすると、金麦でも十分最高の晩酌になるんだ、というメッセージを受け取ることができるのではないでしょうか?

そして値段的なことを考えても、金麦なら毎回ドラマ「晩酌の流儀」を見ながら一緒に飲めますよね。

「晩酌の流儀」でプレモルではなく金麦だった理由の考察

「サントリーが金麦を推している」という宣伝のためではないか

庶民的な金麦を使うことで親近感や共感が得やすく視聴者の心を掴むため

晩酌の流儀を見ながら一緒に金麦を飲む♪

晩酌の流儀で金麦なのはなぜ?プレモルではない理由とは?のまとめ

この記事では、「晩酌の流儀」でプレモルではなく金麦だったのはなぜなのか?その理由の考察をご紹介しました。

「晩酌の流儀」で金麦を飲んでいるシーンはまさにサントリーの金麦のCMそのもののようでしたが、そういった事情もあるんだと思います。

しかし、栗山千明さんが金麦を飲む姿を好意的に感じている人も多くいます。

発泡酒というなんだか庶民的な部分もありますが、それで最高の晩酌ができるのなら良いですよね!

「晩酌の流儀」では、他にも辛口な意見もありますが、今後の展開が気になるドラマですね!

\やっぱり晩酌にはビールだね♪プレモルはこちらから/

「晩酌の流儀」をいつでも見放題できるのはU-NEXT♪

無料トライアル期間もあるので見逃した時や過去のドラマを見たい時もおすすめです!

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました