ワカサギ釣りのコツは?絶対外せない5つのポイント!

ワカサギ釣りのコツ、絶対外せない5つのポイントを解説趣味

こんにちは!毎年ワカサギシーズンでは氷上ワカサギ釣りに行っているハルです。

初めてのワカサギ釣りでも、ワカサギが大漁に釣れることがあるんですよ!

たまたま場所が良かった、ワカサギの活性が高かった(よく餌を食べる状態)場合などです。

では、ワカサギの活性が低く、周りの人もワカサギをなかなか釣れていない時はどうすればいいのでしょうか?釣れるコツはあるのでしょうか?

この記事では、初心者でもワカサギがたくさん釣れるように、ワカサギ釣りでの釣り方のコツ「絶対外せないポイント」とともにお伝えしていきます!

初めてのワカサギ釣りでボウズ(全く釣れない状態)にならないように、ぜひ参考にして下さいね。

基本的なワカサギ釣りの流れを押さえよう

基本的なワカサギ釣りの流れ

まずはワカサギ釣り初心者の方に向けて、基本的なワカサギの釣り方を解説しますね。

参考記事

釣り用語が何回か出てきまがすが、釣り具の用語など分からない場合は前回の記事も合わせてご覧下さい。
ワカサギ釣りに必要な持ち物は?釣竿・リールは何を使えばいいの?

【基本的なワカサギ釣りの流れ】

  1. オモリを底まで沈める
  2. ワカサギが食いつくように誘う
  3. アタリがくるのを待つ
  4. 軽く合わせる
  5. ゆっくり巻き上げる

基本的なワカサギ釣りの流れにそって、1つずつ解説をしていきます。

1.オモリを底まで沈める

始めにオモリを底まで一度沈めます。

そして、底から10cm程度糸を巻き上げて(手巻きなら2巻きくらい)垂らした糸を張った状態にします。

2.ワカサギが食いつくように誘う

穂先を10cm程度上下に動かし、ワカサギがエサに食いつくように誘います。

2~3回、エサが漂っているように見せかけるのがコツです。

3.アタリがくるのを待つ

ワカサギがエサを食べると、穂先がぴくぴくっと動く(「アタリ」と呼びます)ので、そのアタリが来るのを注意してみておきます

4.軽く合わせる

アタリが来た時に、素早く、タイミングよく穂先を少し持ち上げてしっかりとワカサギの口に針を引っかけます。(「アワセ」と呼びます)

5.ゆっくり巻き上げる

アワセて、しっかりと針がワカサギにかかったら、ゆっくりと一定の速度でリールを巻き、ワカサギを引き上げます。

以上が、ワカサギ釣りの基本的な流れになります。

次に、大漁を狙うための釣り方のコツ5つのポイントに分けてご紹介しますね。

大漁に釣るための釣り方のコツを5つのポイントで紹介します!

ワカサギ釣りのコツを5つのポイントで紹介します

基本的なワカサギ釣りの流れが分かったら、今後はいかにワカサギを効率よく釣っていくのか?そんなコツをご紹介していきますね。

ポイント1:ワカサギのいる棚を探す!

1つ目のコツは、ワカサギのいる棚を探すことです。

ワカサギは群れで周遊している魚なので、一度ワカサギが釣れると、同じ位置で何匹も釣れる事があります。

(魚が餌をよく食べて釣れる位置を釣り用語で「棚(タナ)」と呼びます)

なかなかアタリが来ない場合、リールを巻き上げたり、下げたりして仕掛けの位置を上下にずらし、ワカサギのいる位置を探し直してみて下さい!

意外と浅い位置で回遊している時間帯もあり、仕掛けを入れてすぐに釣れる、ということもあります!

周りの誰かが釣れ出した時、どの位置で釣れたのか聞いてみるのもコツの一つです!

入れ食い状態の棚を見逃さないように気を付けて下さいね!

ポイント2:ワカサギの誘い方を工夫する!

2つ目のコツは、ワカサギの誘い方を工夫することです。

基本的なワカサギ釣りの流れでも書いたように、ワカサギを誘う場合、穂先を動かして誘います。

ワカサギの活性がよく、食いつきが良い場合、誘いをしなくても餌を入れるだけで釣れる場合があるのですが、その時は、そのまま合わせて釣っていきます。

なかなかアタリが来ない、活性が低い場合のコツは、軽く誘いを入れたり、少し大きめに竿自体を上下に動かすなどして誘い方を変えてみます。

意外と大きな誘いの方が、活性が高くなったワカサギがパクっと食いついてくることがありますよ。

ポイント3:合わせ方は素早く軽く!

3つ目のコツは、合わせ方は素早く軽くすることです。

一般的な釣りでは素早く竿を立ててしっかりアワセを入れますが、ワカサギは口も小さいため、あまり強く、急なアワセ方をすると針が外れてしまいます。

タイミングよく、素早く、軽く、がポイントです。

初めての方は、アワセのタイミングが難しいと思います。

私も始めはなかなかアワセられず、よく途中でワカサギに逃げられました・・・

使用する穂先の柔らかさも影響するので少し慣れが必要かと思いますが、コツをつかんで釣果アップのためにしっかりとタイミングを練習していきましょう!

ポイント4:糸の巻き上げはゆっくり一定に!

4つ目のコツは、糸の巻き上げをゆっくりと一定にすることです。

ワカサギが引っ掛かった、と思っても急な巻き上げ方や大きく竿を揺らしてしまうと、やはり口から針が外れて逃げてしまう可能性があります

しっかりとワカサギを引き上げるためのコツとして、焦らず、ゆっくりと一定の速度でリールを巻いて下さいね。

また、氷上での穴釣りの場合、周りの氷に引っ掛かってもワカサギが逃げてしまうので、しっかりと糸の先の動きを見ておくといいですよ!

ポイント5:タイミングよくエサを付け替える!

5つ目のコツは、タイミングよく餌を付け替えることです。

棚を探してもワカサギがいない?と、なかなかワカサギのアタリが来ない場合は新しいエサに付け替えることも大切です。

サシ虫のエキスでワカサギをおびき寄せるためにも、食いが悪い時は、定期的に新しいエサに付け替えていきましょう!

特に1時間以上も使っている場合は交換した方がいいと思います。

以上の5つのポイントを押さえていただき、ワカサギの釣果を伸ばしていきましょう!

参考記事

ワカサギの釣果を伸ばすためのワカサギ釣りの餌の付け方をご紹介しています。
ワカサギ釣りの餌の付け方はどうするの?虫が苦手な人でもできる餌付けの方法!

ワカサギ釣りのコツは?絶対外せない5つのポイント!のまとめ

ワカサギの活性が低い時、ワカサギ釣りのコツをいくつか知っていれば、ボウズにはなりません!

ワカサギも自然の生き物なので、いる時といない時、エサを食べる時と食べない時がありますよね。

そんな中でも、この記事でお伝えしたポイントを押さえて、ワカサギ釣の時はワカサギのいる場所を臨機応変に探していきましょう!

【ワカサギを大漁に釣るコツは?5つのポイントおさらい】

  1. ワカサギのいる棚を探す!
  2. ワカサギの誘い方を工夫する!
  3. 合わせ方は素早く軽く!
  4. 糸の巻き上げはゆっくり一定に!
  5. タイミングよくエサを付け替える!

特に、ワカサギがなかなか釣れない時でもワカサギを釣るコツは、自分なりにワカサギの誘い方を工夫したり、数少ないアタリをしっかりと物にしたり、エサも積極的に付け替えることです。

ワカサギ釣りの際は、ぜひコツを実践して周りよりも大漁を狙ってみて下さいね!

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました