水は海に向かって流れる(映画)あらすじは?キャストや見どころを紹介!

水は海に向かって流れる(映画)あらすじは?キャストや見どころを紹介!芸能

2023年6月に広瀬すずさんが主演される映画『水は海に向かって流れる』が全国公開予定です。

『水は海に向かって流れる』の原作ファンの私としては、嬉しくもあり、あの感情の機微や心理描写を表現できるのかという不安な感情が行ったり来たりしています。

そんな『水は海に向かって流れる』の映画ではあらすじがどうなるのか、やキャストは誰がするのか?気になったので調査してみましたよ。

この記事では、映画『水は海に向かって流れる』のあらすじや原作、キャストや見どころについてご紹介します!

『水は海に向かって流れる』(映画)のあらすじや原作は?

2023年6月に公開予定で、広瀬すずさんが主演される映画『水は海に向かって流れる』の原作やあらすじにつてまずはご紹介していきますね。

映画『水は海に向かって流れる』の原作は?

映画『水は海に向かって流れる』の原作者は女性漫画家の田島列島さんです。

映画『水は海に向かって流れる』の原作もコミックで、別冊少年マガジンで2018~2020年まで連載されていましたよ。

映画『水は海に向かって流れる』の原作コミックは全3巻が発売されており、現在は完結しています。


私も映画『水は海に向かって流れる』の原作を読みましたが、登場人物の心理描写、気持ちの揺れ動き、心情の機微が繊細に書かれていると感じ、とても気に入っている作品です!

『水は海に向かって流れる』の原作では、線の細いタッチで描かれており、背景描写など世界観にマッチしているんですよね。

ただ、『水は海に向かって流れる』の原作は、絵のタッチの割にドロドロした人間関係を扱う一面もあり、ピリピリした緊張感と繊細なタッチで描かれる緩やかな場面が非常にうまくマッチしている作品でした。

では、映画『水は海に向かって流れる』のあらすじはどうなっているのでしょうか?

映画『水は海に向かって流れる』のあらすじは?

映画『水は海に向かって流れる』のあらすじをご紹介していきますね。

新しく高校1年生になる熊沢直達は高校への進学を機に、叔父の歌川茂道の家に居候することになります。

だが最寄の駅に迎えにきたのは見知らぬ大人の女性の榊千紗(映画『水は海に向かって流れる』では広瀬すずさんが演じます)。

叔父の家はシェアハウスとなっており、直達は榊千紗をはじめとする個性豊かな面々との共同生活を始めることになります。

直達はそこで、恋をしないと決めた女性・榊千紗と出会い惹かれていくが、実は彼女は、10年前に家族を捨てて駆け落ちした自分の父親の不倫相手の娘ということが後に分かります。

何も考えず穏やかに暮らしたい千紗と、何もなかったことにはしたくない直達の心の葛藤を描いた少年と大人の女性の物語です。

映画『水は海に向かって流れる』のあらすじや原作は?

映画『水は海に向かって流れる』の原作者は女性漫画家の田島列島さん

映画『水は海に向かって流れる』の原作コミックは全3巻で完結している

映画『水は海に向かって流れる』のあらすじは少年と大人の女性の心の葛藤を描いた少年と大人の女性の物語

では、映画『水は海に向かって流れる』のあらすじや原作は分かりましたが、『水は海に向かって流れる』(映画)のキャスト・監督について調べましたので、ご紹介しますね。

『水は海に向かって流れる』(映画)のキャスト・監督は誰?

『水は海に向かって流れる』の原作はコミックで、原作者は女性漫画家の田島列島さんでしたが、映画『水は海に向かって流れる』のキャストと監督は誰なのでしょうか?

映画『水は海に向かって流れる』のキャストは誰?

映画『水は海に向かって流れる』のキャストは現時点でほとんど公表されていません。

唯一、映画『水は海に向かって流れる』のキャストとして公開されるのが、主演の広瀬すずさんです。

映画『水は海に向かって流れる』で広瀬すずさんは26歳OLの榊千紗役を務めますよ。

広瀬すずさんといえば、数々のドラマ・映画で活躍し、日本アカデミー賞の新人俳優賞や最優秀助演女優賞をはじめ、様々な受賞歴もあるトップ女優さんです。

『水は海に向かって流れる』の榊千紗は暗い過去を持った他人に期待しないクールで感情を表に出さないキャラクターで、演じるのが難しいと思います。

しかし、広瀬すずさんであれば期待を超えるクールな演技をしてくれるのでは?と今から楽しみでなりません!

次に、映画『水は海に向かって流れる』の監督をご紹介しますね。

映画『水は海に向かって流れる』の監督は誰?

映画『水は海に向かって流れる』の監督は前田哲さんです。

監督の名前だけ聞くとピンと来ないかもしれませんが、映画『水は海に向かって流れる』で監督を務める前田哲さんは『陽気なギャングが地球を回す』『ブタがいた教室』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』『そして、バトンは渡された』『老後の資金がありません』などの有名作品でメガホンをとった映画監督ですよ。

前田哲監督はこれまでもシリアスな作品、コミカルな作品、エンターテインメント性のある作品等色々なジャンルを取り扱われた映画監督ですよね。

なので映画『水は海に向かって流れる』での演出にも期待したいですね!

映画『水は海に向かって流れる』のキャスト・監督は誰?

映画『水は海に向かって流れる』のキャストは唯一、主演の広瀬すずさんが公表されている

広瀬すずさんは、映画『水は海に向かって流れる』で主役の榊千紗を演じる

映画『水は海に向かって流れる』の監督は前田哲さん

ここでは、映画『水は海に向かって流れる』のキャスト、監督をご紹介しました。

次に、映画『水は海に向かって流れる』の見どころ等、映画情報を紹介しますね。

『水は海に向かって流れる』(映画)の見どころは?映画情報を紹介!

映画『水は海に向かって流れる』の主演は広瀬すずさん、監督は前田哲さんが勤められるということが分かりました。

それでは、映画『水は海に向かって流れる』の見どころや公開日などの映画情報を紹介しますよ。

映画『水は海に向かって流れる』の見どころは?

『水は海に向かって流れる』の原作は特に大きな事件、天変地異、SF的な演出が起きることはありません。

原作についての項目でもご紹介しましたが、『水は海に向かって流れる』見どころは、登場人物の心理描写、会話、そして、コミカルとシリアスの絶妙な織り交ざりです。

この感情の移ろいや機微をどのように主演の広瀬すずさんが演じて、前田哲監督が引き出してくれるのかが見どころだと思いますよ。

映画『水は海に向かって流れる』の映画情報

映画『水は海に向かって流れる』は東京・TOHOシネマズ日比谷ほか2023年6月に全国公開される予定です。

つい先日、『水は海に向かって流れる』の映画公開公表にあわせてYOUTUBEにて超特報映像が発表されました。

この映画『水は海に向かって流れる』の超特報では、赤い傘をさして雨の中、駅に直達を迎えに行く榊千紗役の広瀬すずさんが映し出されています。

これは『水は海に向かって流れる』の原作の冒頭シーンと同じですね。

クールで大人な表情の広瀬すずさんが『水は海に向かって流れる』の原作のままの千紗を見事に再現し、演じられていますね。

残念ながら、映画『水は海に向かって流れる』の超特報映像での直達は背中越しの映像のみで、誰が演じているのかは分かりませんでした。

これからのキャストの発表が楽しみですね!

映画『水は海に向かって流れる』の見どころは?映画情報を紹介!

『水は海に向かって流れる』見どころは、登場人物の心理描写、会話、そして、コミカルとシリアスなシーンの絶妙な織り交ざり

映画『水は海に向かって流れる』は東京・TOHOシネマズ日比谷ほか2023年6月に全国公開予定

YOUTUBEにて『水は海に向かって流れる』の映画公開公表にあわせて超特報映像が発表された

水は海に向かって流れる(映画)あらすじは?キャストや見どころを紹介!のまとめ

この記事では、映画『水は海に向かって流れる』のあらすじ、原作、キャストや見どころについて調査してご紹介しました。

映画『水は海に向かって流れる』の原作者は女性漫画家の田島列島さんで、原作コミックは全3巻で完結しています。

また、映画『水は海に向かって流れる』のあらすじは、少年と大人の女性の心の葛藤を描いた少年と大人の女性の物語で、不倫、駆け落ちといった重いテーマも扱われていますよ。

映画『水は海に向かって流れる』の映画のキャストは唯一、主演の広瀬すずさんが公表されていました。

そして、広瀬すずさんは映画『水は海に向かって流れる』では、主役の榊千紗を演じますよ。

また、映画『水は海に向かって流れる』の監督は前田哲さんでした。

『水は海に向かって流れる』の見どころは、登場人物の心理描写、会話、そして、コミカルとシリアスなシーンの絶妙な織り交ざりですね。

映画『水は海に向かって流れる』は東京・TOHOシネマズ日比谷ほか2023年6月に全国公開予定です。

現在、YOUTUBEにて『水は海に向かって流れる』の映画公開公表にあわせて超特報映像が発表されており、榊千紗を演じる広瀬すずさんの大人でクールな表情が見られますよ。

『水は海に向かって流れる』の原作がとても面白いので、映画版『水は海に向かって流れる』にも大変期待が持てますね!

感情を表に出さないクールな榊千紗を広瀬すずさんがどのように演じてくれるのかが今から楽しみです。

▼関連記事:映画『水は海に向かって流れる』のロケ地や撮影場所について調査しました!
映画「水は海に向かって流れる」のロケ地は?撮影場所を調査!

\前田哲監督の作品が自宅でいつでも見られる?/

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』『そして、バトンは渡された』『老後の資金がありません』など前田哲監督の作品がU-NEXTならいつでも見放題やポイントで購入できます。

映画観るなら<U-NEXT>

初回入会では無料トライアルで31日間の見放題やポイントのプレゼントがもらえます♪

⇩作品など詳しくはこちらから⇩

U-NEXTの入会・退会方法、無料トライアルの2回目・3回目の利用法について紹介しています
U-NEXT無料トライアルのやり方・解約や3回目の裏技も解説!

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました