花郎(ファラン)挿入歌BTSのテテとジンなのはなぜ?歌詞は何?

花郎(ファラン)挿入歌BTSのテテとジンなのはなぜ?芸能

BTSのテテ(V)さんも出演している韓国ドラマ『花郎(ファラン)』の挿入歌にはBTSのテテさんとジンさんの歌う曲も使われています。

この『花郎(ファラン)』の挿入歌でBTSからはテテさんとジンさんの二人なのはなぜなんでしょうか?また、どんな歌なのか歌詞について調査してみました。

この記事では、『花郎(ファラン)』の挿入歌がBTSのテテさんとジンさんなのはなぜか?また挿入歌「死んでも君だよ」はどんな歌詞なのかをご紹介しています。

『花郎(ファラン)』の 挿入歌でBTSのテテとジンの二人なのはなぜ?

イケメン俳優・アイドルが出演して話題となった韓国ドラマ『花郎(ファラン)』ですが、BTSのテテ(V)さんも出演されていましたよね。

そして『花郎(ファラン)』でテテさんはソク・ハンソンという役柄で出演されていました。

この『花郎(ファラン)』の挿入歌の1つに、BTSのテテさんとジンさんが二人で歌っている「死んでも君だよ」と言う曲があるのですが、なぜテテさんとジンさんの二人だけだったのでしょうか?

どんな理由があるのか気になったので調べてみましたよ。

※「死んでも君だよ」は『花郎(ファラン)』の主題歌として紹介されているものもあるようです。挿入歌でもありますが、主題歌という認識にとなるくらい人気曲ということですよね。

韓国ドラマでは挿入歌(OST)はドラマを彩る重要な役割がありますよね。

では、『花郎(ファラン)』の挿入歌では出演されているテテさんだけではなく、ジンさんも一緒に歌っているデュエット曲になったのはなぜでしょうか?

調べたところ、まずBTSのテテさんとジンさんの二人ということに関して理由はあまりないのではないか、という感じでした。

『花郎(ファラン)』にテテさんが出演するからといって、テテさんが一人で歌うという決まりもなく、(出演者以外は歌ってはいけないということもありません)曲調的にもテテさんとジンさんの声質が合っていたからではないかという理由が有力なようですね。

韓国ドラマのOSTはドラマのために書きおろされているものが多いです。

今回『花郎(ファラン)』挿入歌の「死んでも君だよ」も、BSTの曲としてではなく、花郎のために書きおろした曲になります。

なので、この「死んでも君だよ」では声の低いテテさんと声の高いジンさんの対照的な歌声のハーモニーが良かったので二人になった、という理由ではないかという感じですね。

ちなみに、『花郎(ファラン)』挿入歌「死んでも君だよ」はBTSのCDにはなく、花郎のオリジナルサウンドトラックの中にしかないようですよ。

花郎(ファラン)のOSTはこちらから

では『花郎(ファラン)』挿入歌、BTSのテテさんとジンさんの「死んでも君だよ」はどんな歌なのか?歌詞などもご紹介しますね。

※OSTについて詳しく知りたい人はこちらも参考にご覧ください:OSTと挿入歌の違いは何?OSTとは何か詳しく解説!

BTSのテテとジンの『花郎(ファラン)』の挿入歌はどんな歌?

『花郎(ファラン)』の挿入歌をBTSのテテさんとジンさんの二人で歌っている明確な理由は特にないようです。

しかし、二人の歌声のハーモニーがとっても曲にあって、独特なリズムでかっこいいんですよね。

まずはBTSのテテさんとジンさんが歌っている『花郎(ファラン)』の挿入歌「死んでも君だよ」がどんな曲か聞きたい方はこちらの動画をご覧くださいね。

BTSのテテさんとジンさんの「死んでも君だよ」が流れると花郎の各シーンが蘇りますよね。

ちなみに、2018年のBTSのLIVEでテテさんとジンさんが実際に歌っている動画があるのですが、転載できないので、興味のある方は実際の動画をぜひご覧ください。

★BTSのBANGTANTVチャンネル:https://www.youtube.com/watch?v=tt9nIyzN79Y

とにかくかっこいいBTSのテテさんとジンさん、最初は別々のところで歌っていましたが、徐々に近づいていくシーンは周りのファンの盛り上がりも最高潮ですよ。

では、気になる歌詞もみていきましょう。

BTSのテテとジンの『花郎(ファラン)』の挿入歌はどんな歌詞?

BTSのテテさんとジンさん歌う『花郎(ファラン)』の挿入歌は韓国語では「죽어도 너야」と言い日本語では「死んでも君だよ」というタイトルになっています。

元々が韓国語なので意訳する人によっては日本語訳タイトルでは「死んでも君だ」と言い切るタイプもあるようです。

そして、そんな「死んでも君だよ」の歌詞ですが、公式的に日本語翻訳されたものが見当たらず、個人で韓国語を意訳しているものが多いようでした。

なので、人によって少し訳し方も違うかもしれませんね。

韓国語から直訳すると日本人としてはちょっとニュアンスが分からない表現が多いです・・・

ただ、タイトルからも分かるように、死んでも君だと、情熱的な歌詞であることはわかります。

※歌詞について詳しくは著作権の問題もあるので載せられませんが『花郎(ファラン)』の挿入歌「死んでも君だよ」で字幕付きの動画は色々アップされているので個別で検索していただくと良いかと思います。

先ほど紹介したテテさんとジンさんが歌っているBTSのLIVE動画で最後二人が近づいていくシーンでは“It‘s  gonna be you”「君とじゃなきゃダメなんだ」、”I can’t let go”「君を離さない」ということを歌っていて、とても素敵ですよ。

『花郎(ファラン)』ではソヌとアロのお互いの心情や、アロを想うジディの心情を描いているのでしょうか。

歌詞の意味を知るとさらにドラマ『花郎(ファラン)』を見る時も深みが増しますね。

『花郎(ファラン)』挿入歌BTSのテテとジンなのはなぜ?歌詞は何?のまとめ

この記事では、『花郎(ファラン)』の挿入歌(主題歌)がBTSのテテさんとジンさんなのはなぜか?また「死んでも君だよ」はどんな歌詞なのかを調査してご紹介してみました。

『花郎(ファラン)』の挿入歌でBTSからはテテさんとジンさんの二人なのはテテさんとジンさんの対照的な歌声が曲にぴったりと合ったという理由が有力のようですね。

そして、BTSテテさんとジンさんの「死んでも君だよ」は情熱的な歌でした。

ドラマ『花郎(ファラン)』のために書き下ろされた挿入歌も楽しみながらご覧くださいね。

【花郎(ファラン)の関連記事】

▼BTSのテテさんの花郎の出演話についてまとめています。
花郎(ファラン)テテは何話から?出番やハンソン死亡話,キスシーンについて調査!(ネタバレ有)

▼花郎のキャスト同士は仲が良いようですね、ウガウガファミリーについてもご紹介しています。
花郎(ファラン)キャストは仲良し?アイドル多数!プロフィールも紹介!

▼花郎のソヌ/ムミョンは一体何者だったのかを分かりやすくまとめています。
花郎(ファラン)あらすじとソヌ/ムミョンの正体や病気は何?(ネタバレあり)

ドラマ『花郎(ファラン)』をいつでも見たい場合はBlue-rayボックスも販売されていますよ。

パソコン・スマホ・タブレットなどでも『花郎(ファラン)』が見られるU-NEXTもおすすめです。

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました