ワカサギ釣りの餌の付け方はどうするの?虫が苦手な人でもできる餌付けの方法!

ワカサギ釣りの餌の付け方はどうするの?虫が苦手な人でもできる餌付けの方法!趣味

ワカサギ釣りに行った時、餌の付け方はどうするのか?初めてのワカサギ釣りに行く前には確認しておいてくださいね。

ただ餌を付けるだけでは、工夫をしている人よりも釣果が上がらないかもしれません。

餌の付け方次第でもワカサギの釣果は大きく変わりますよ!

また、生きた虫を触りたくない、虫が苦手という方もぜひこの記事を読んでアイテムを活用して自分で餌を付けられるように頑張ってみてくださいね。

ワカサギ釣りの餌の付け方はどうするの?餌について知ってみよう

ワカサギ釣りの餌について知ってみよう

ワカサギ釣りをする時の餌の付け方について解説していきますが、まずは、どんな餌を使っていいのか分からないワカサギ釣り初心者さん向けに餌の種類について簡単にご紹介します。

ワカサギ釣りで使用する生き餌

定番はハエの幼虫であるサシ虫を使います。

サシ虫には赤い色のついた紅サシや色のついていない白サシなどがあります。

釣具店によってはチーズを食べさせて育てられたチーズサシというのも売っていますよ。

また、ラビットと呼ばれるサシ虫もいますが、こちらはウサギのフンで養殖されたサシ虫でサシ虫よりはサイズが小さいです。

餌は何で育てられたかによってニオイが変わってくるようですね。(ラビットも紅ラビット、白ラビットがあります)

注意

サシ虫はハエの幼虫なので、餌を買ったまま暖かいところに置いておくと羽化して大変なことになります!

保存は冷蔵庫で、保存する期間は1週間から10日くらいまでにしましょう。

できれば前日か当日に用意すると活きの良いエサとして使用できますよ。

赤虫というアカムシユスリカの幼虫も餌としてありますが、小さいので初心者の方は針に付けるのが大変かもしれません。

ワカサギに対しては食いが良いと言われていますが、赤虫自体弱りやすく餌の交換頻度がサシ虫などに比べると高いです。

ポイント

虫の色、ニオイなどでワカサギの集魚効果が変わるように言われていますが、結局その釣り場のワカサギの絶対量や活性度にもよるので高い餌がいちばん釣れるとは限らないと思います。

初めてのワカサギ釣りでは定番のサシ虫を使うのが餌持ちもよく、使いやすいのではないかと思います!

虫が苦手な人に役立つワカサギ釣りの疑似餌について

生きた虫が嫌!という方には、ワカサギ釣りでも疑似餌がありますよ。

マルキューのハイパー紅雪

こちらの疑似餌を使うと虫が触れない、虫が苦手だ、という方でも安心してワカサギ釣りを楽しむことができますよね。

マルキューの寄せっコ

また、寄せっコという疑似餌もあるのですが、こちらは撒きえのような効果もあります。

寄せっコを針に付けてから本体を切ると中からエキスが出てくるので、生き餌のように臭いで誘うことができるものです。

通常のサシ虫を使う時に一緒に使っても撒きえとしての効果があるようですね。

釣具店のワカサギコーナーに一緒に売っているので、興味のある人は探してみてください。

次に実際にサシ虫をどのように使っていくのか、餌の付け方をご紹介していきます。

ワカサギ釣りの餌(サシ虫)の付け方

ワカサギ釣りで餌を付ける時の注意点と合わせて付け方を解説していきますね。

ワカサギ釣りの餌を付ける時の注意点

ワカサギ釣りで餌を付ける時、小さい針が5本~7本くらいついているので針が指に刺さらないように気を付けてくださいね。

また、サシ虫も小さいので、餌付けに慣れるまでは時間が結構かかります。

氷上ワカサギ釣りでは、素手での餌付けはとっても寒いのでしっかりと防寒対策をしていってください。

また、防寒用の毛糸や布製の手袋のまま餌付けをしようとすると、手袋にこの小さいワカサギ用の針が引っ掛かってしまいなかなか取れません!

指先だけ出る魚釣り用のグローブや、防寒用の手袋の上にゴム手袋などをかぶせて餌を付けることをおすすめします!

参考記事

指先の出せる魚釣り用のグローブや冬のワカサギ釣りに大切な防寒対策について詳しく知りたい方向けの参考記事。
氷上のワカサギ釣りの防寒対策はどうする?7つの防寒対策で初めてでも快適に楽しもう!

ワカサギ釣りの餌の付け方(サシ虫)

ワカサギ釣りのサシ虫の付け方は、サシ虫に針を引っかけて付けるのですが、サシ虫をそのまま1匹使用するよりも、半分に切った方がニオイが出て良いんですよ。

サシ虫はハサミで半分にカットすると、エキスが出てくるので、ニオイによりワカサギの集魚効果が上がります!

よくやる方法は、サシ虫の上下に針を引っかけて、サシ虫を上下に引き伸ばしつつ、真ん中をハサミで切るとやりやすいかと思います。

ワカサギ釣りの餌の付け方の図

餌の付け方が分かったら、次は餌を付ける時に役に立つアイテムのご紹介です!

虫が苦手な人に役立つ餌を付けるアイテムは?

サシ虫を実際に手で持ったり、半分に切たっりするとエキスが出て手につきます。

特に赤サシを使用していると手に赤色がついてしまうんですよね。

そこで、ゴム手袋を使用して餌を付ける方法もありますが、手袋しても虫は触れない!という方には100均などでも手に入るピンセットを使用したり、ワカサギ釣り用のピンセットプライヤーというアイテムが最適ですよ。

ピンセットプライヤーではサシ虫を掴むだけでなく、切る事もできるので、ピンセット・ハサミの2つが1つになった便利アイテムです!

虫が苦手な人におすすめアイテム!

虫が嫌いな人だけでなく、手が汚れるのが嫌だ、とか指が太くて小さいサシ虫がつまみにくい、という方はぜひ使ってみてくださいね。

入れ食い状態の時に、餌の付け替えをいかに早くできるかはとっても大切なことなのでぜひ自分のやりやすい餌を付ける方法を見つけてくださいね。

ワカサギ釣りの餌の付け方はどうするの?虫が苦手な人でもできる餌付けの方法のまとめ

ワカサギ釣りではサシ虫を主に使いますが、ただ単に付けるだけでなく、サシ虫を切ってエキスを出すことが釣果にも繋がる大切なポイントです。

サシ虫は餌持ちも良く、初心者でも扱いやすいのでワカサギ釣りのエサとしてはまずはサシ虫から使ってみてください。

また、餌の付け方も虫を直接手で触れない方は、ゴム手袋やピンセットなどのアイテムを使用し、自分で簡単にできる方法を探してみてください。

ワカサギ釣りの餌の付け方に慣れてくると、入れ食い状態では無駄な時間も減り、釣果アップに繋がるのでぜひ頑張ってくださいね!

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました