氷上のワカサギ釣りの防寒対策はどうする?7つの防寒対策で初めてでも快適に楽しもう!

氷上のワカサギ釣りの防寒対策はどうする?7つの防寒対策で初めてでも快適に楽しもう!趣味

氷上のワカサギ釣りでは、他のワカサギ釣りのスタイルよりもさらにしっかりとした防寒対策が必要です。

なぜなら、寒過ぎるとせっかく氷に穴を開けてテントを張っても長時間ワカサギ釣りを楽しむことができないからです!

特に初めて氷上のワカサギ釣りに挑戦する人は、寒さを甘く見てはいけませんよ

私も寒すぎて後悔しましたから・・・

初回からしっかりと楽しめるように、氷上ワカサギ釣りの防寒対策について、毎シーズン氷上ワカサギ釣りに行っている経験を踏まえて紹介するのでぜひ参考にして下さいね。

氷上ワカサギ釣りの環境は?

氷上ワカサギ釣りの環境は?

まず、氷上のワカサギ釣りの環境ですが、氷が張るくらいなので氷点下のところも多く、とっても寒いです!

風邪を引かないようにしっかりと防寒対策の準備をしていきましょう!

雪が多い、少ないなどの環境的な違いや、風の強さによっても体感温度も変わってきます。

特に風が強いと天気予報の気温よりも体感温度は低くなるので、しっかりと事前に天気予報をチェックして寒さに備えて下さいね。

氷上ワカサギ釣りの経験から、どんな防寒対策をしていけばいいのか、おすすめの対策7つをご紹介していきます!

氷上ワカサギ釣りでおすすめの防寒対策7つ

具体的に、私が毎年氷上のワカサギ釣りを楽しむために行っている防寒対策7つをご紹介していきますので、初心者の方はぜひ参考にして下さいね。

防寒対策1.ワカサギテントを使う

防寒対策1つ目として、ワカサギテントを使うことです!

テントなしでワカサギ釣りをしている人達ももちろんいますが、その時の風や天気により、やはり寒いです!

ワカサギ釣りはずっと座りっぱなしで、エサの付け替えなどで素手や薄手の手袋になりますので、テントなしでは寒がりな方や女性にはつらいかもしれません・・・

そもそもワカサギテントのあるなしでは、かなり違いますよ!

強風や吹雪なんかで実感しますが、テント内は暖房なくても暖かいんですよね。

腰を据えてワカサギ釣りを行いたい場合は絶対ワカサギテントがあった方が良いと思います。

初めてのワカサギ釣り体験で、寒すぎと二度とやりたくない・・・なんてことにならないように、準備できるならしっかりとワカサギテントを準備していきましょう!

参考記事

ワカサギ釣り初心者向けのワカサギテントの選び方の参考記事です。
氷上ワカサギ釣りのテントの選び方は?初心者におすすめテントはこれ!

防寒対策2.防寒着を整える(スキーウェアなど)

防寒対策2つ目は、しっかりと防寒着を整えていくことが大事です!

当たり前だと思いましたよね?

本当に時々いるのですが、上半身は割とがっつりと厚着していても、県外からの旅行者はジーパンを履いていて、寒すぎてすぐに帰って行く姿を見ます・・・

氷上のワカサギ釣りがどれだけ寒いか、また、天気予報が外れたり、天候も変わりやすいので、ズボン下にヒートテック素材も履きつつ、理想ではズボンの上にオーバーズボン、スキーウェアなどを着る方が良いですよ!

本当に、子供だけじゃなく、大人もです。

北国の氷上では大体みんなスキーウェアを着ています。

暑ければ脱げばいいのですが、寒いとどうすることもできませんから、事前に自分の行く釣り場の気温やどのくらいみんなしっかりと防寒着を着ているのか情報収集して下さいね。

防寒対策3.首・手首・足首を暖める

防寒対策3つ目は、首・手首・足首を暖めることも大事です!

首はマフラーやネックウォーマーを巻くのは基本ですが、その他、手首と足首の「首」という部分を暖めるアイテムがあると防寒対策には効果的なんですよ。

首・手首・足首の皮膚は薄くて、冷えを感じやすい部分と言われています。

なので、リストバンドで手袋と腕の隙間をあけないようにしたり、足元も必要に応じてレッグウォーマーも活用するといいですよ。

防寒対策4.足元を暖める

防寒対策4つ目は、足元をしっかりと暖めることです!

氷上のワカサギ釣りではじっと椅子に座っているので、足元から冷えてきます。

なので、防寒用のブーツを履くことはもちろん大切です。

私は必要に応じて靴下を重ね履きしたり、ブーツ内の下敷きをボア仕様など暖かい素材に変えたりしています。

次の靴下用のカイロを利用することも有効ですよ。

防寒対策5.カイロを利用する

防寒対策5つ目は、カイロの利用です!

体に貼るカイロはもちろん、足元の防寒対策として靴下用のカイロも重宝しますよ!

カイロは持って行けば寒い時に使えるので予備を必ず持って行きましょう!

また、エサをつける時に手袋を外す人は手がかなり冷えます。

慣れていないうちは手を暖めるための小さいカイロを持っていき、手袋内に忍ばせると手がかじかむのを防ぐことができますよ!

氷点下の場合、エサ付けで素手を出していると指先が凍傷になる可能性があるので気を付けて下さいね!

防寒対策6.食べ物で体の中から温まる

防寒対策6つ目は、飲食物で体の中から温めることです!

キャンプ用のガスバーナーなどを持って行けばお湯が沸かせますよね。

しかし、荷物も増えるので、そういう器具を持って行かない場合は、魔法瓶に暖かい飲み物を用意していくだけで、大分違いますよ。

私は暖かくて甘いミルクティーをよく持って行きますが、スープなんかも良いですよね!

冷えてきたら暖かい飲み物でほっと一息休憩して下さいね。

防寒対策7.暖房でテント内を暖める

防寒対策7つ目は、暖房を持って行ってテント内を暖めることです!

ワカサギテントが広い場合、暖房器具を持ち込んでいる人達もいますよ。

特に小さいお子さんを連れてた家族連れが多いですが、その際には火の取り扱い、一酸化炭素中毒には十分注意してい下さいね!

そんなことない、って思うかもしれませんが、毎年ワカサギテント内の一酸化炭素中毒の事故が起こっています。

ガスを使用する際は、忘れず換気をして下さいね!

最後に、氷上ワカサギ釣りだけでなく、冬の釣りの時に役に立つ、防寒手袋をご紹介します!

ワカサギ釣りだけでなく、冬の魚釣りに役立つ防寒用手袋

釣りでは針にエサをつけるような細かい作業をしますよね。

特にワカサギ釣りではとっても針も餌も小さくて、手袋をしていては摘まめません!

しかし、冬の釣りではその都度手袋を外していると手がかじかんだり、氷上ワカサギ釣りでは指先は凍傷レベルに冷えてしまいます。

そのような時は、冬の魚釣り用の指先が出せる手袋もあります!

指先の出し入れ自由な冬用の手袋

親指、人差し指、中指の3本の指先がカットされているタイプの手袋もよく売っています。

3本指カットの機能性な釣り用手袋

これらの手袋は、夏用と冬用とそれぞれの素材があるので、冬場の釣りでは保温性の高い指出しグローブを使用することをおすすめします。

氷上のワカサギ釣りの防寒対策はどうする?初めてでも快適に楽しむ7つの防寒対策まとめ

氷上ワカサギ釣りの防寒対策まとめ

氷上ワカサギ釣りを快適に楽しむために、ご紹介した7つの防寒対策を参考にしてみて下さい。

【7つの防寒対策おさらい】

  1. ワカサギテントを使う
  2. 防寒着を整える(スキーウェアなど)
  3. 首・手首・足首を暖める
  4. 足元を暖める
  5. カイロを利用する
  6. 食べ物で体の中から温まる
  7. 暖房でテント内を暖める

また、指先の出た魚釣り用の手袋も重宝しますよ。

天気が良いからと油断せず、急な天候不良でも対応できるようにカイロの予備や防寒の準備をしていきましょう!

また、ワカサギテント内のガスの使用には十分注意して安全に釣りを楽しんで下さいね。

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました