ケンブリッジ飛鳥が事故で頸椎捻挫のケガ!復帰はいつできるの?

ケンブリッジ飛鳥が事故で頸椎捻挫のケガ!復帰はいつできるの?芸能

ケンブリッジ飛鳥選手が交通事故で軽い頸椎捻挫というケガを負ったというニュースがありました。

頸椎捻挫とは一体どんなケガの状態なんでしょうか?そしてアスリートとして復帰はいつ頃できるのでしょうか?

この記事では、ケンブリッジ飛鳥選手が追った頸椎捻挫とは何か?またいつ復帰できるものなのか?を調査してみました。

ケンブリッジ飛鳥選手の事故やケガの状況は?

ケンブリッジ飛鳥選手が事故に巻き込まれて、頸椎捻挫(けいついねんざ)というケガを負ったニュースが2022年4月27日に報道されました。

どのような事故に巻き込まれたのかというと、ケンブリッジ飛鳥選手の公式ホームページによると、『乗用車合わせて3台が絡む事故に巻き込まれ、病院で診断を受けたところ、軽度の頸椎捻挫と診断されました。』とのことです。

現在、ケンブリッジ飛鳥選手は安静にして過ごされており、『1日でも早い回復に努めてまいります』というコメントをあげています。

その後入院などの詳しい情報はなく、軽い頸椎捻挫だったので自宅での安静で大丈夫なんでしょうか?

頸椎捻挫とは?いったいどのようなケガなのか、選手生命に影響ないのか?見ていきましょう。

ケンブリッジ飛鳥選手の頸椎捻挫とはどんなケガ?復帰はいつできるの?

交通事故に巻き込まれ、ケンブリッジ飛鳥選手は軽い頸椎捻挫の診断を受けて安静にされているようですが、頸椎捻挫とは一体どのようなケガの状態なのでしょうか?

頸椎捻挫というと難しく聞こえますが、いわゆる「むち打ち症」のことを言いますよ。

むち打ち症と聞くと、車で後ろから追突された時(軽くても)、不意な衝撃を首に受けた際になるやつです。

この頸椎捻挫とは、頸部(首)への衝撃により頸椎周囲の筋肉や靭帯、神経や血管などの組織が損傷を受けてしまいます。

その後のケガの症状としては、首が痛いという他に、頭痛や肩こり、吐き気、めまいなどが起こる場合もあります。

軽いむち打ち症、頸椎捻挫と思っていても後から症状が重くなる場合もあるため交通事故の時にその場でケガがなく思えても注意が必要ですよ。

仮にこの頸椎捻挫が重症の場合、上半身のしびれや眼の疲れ、だるさなどが長期にわたり苦しむこともあるみたいです。

今回のケンブリッジ飛鳥選手の事故のケガは軽い頸椎捻挫ということなので、様子を見ながら数週間安静にすることで回復されるかと思いますよ。

ケンブリッジ飛鳥選手も、その後の経過に問題がなければ復帰は早いのではないでしょうか?

ケンブリッジ飛鳥が事故で頸椎捻挫のケガ!復帰はいつできるの?のまとめ

この記事では、4月26日に起こったケンブリッジ飛鳥選手の交通事故のケガについて、頸椎捻挫とは何か、いつ頃復帰できるのか調査してみました。

頸椎捻挫(けいついねんざ)とはむち打ち症のことでしたね。

そして、今回のケンブリッジ飛鳥選手の事故では軽い頸椎捻挫ということで数週間の安静で回復されるのではないかと思います。

ただ、稀に頸椎捻挫でも後から症状が出てくる場合もあるので、交通事故などにあわれた時はその場でケガがなくてもきちんと病院に行って検査をしたり、経過観察を行ってくださいね。

交通事故にはくれぐれも気をつけてください!

error:このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました